Rion Hiragi/Resercher/Storyteller

メルマガ・バックナンバー

*ちょっとくだけた記事&FBページに投稿している過去記事はこちらのアメブロからご覧頂けます。

2017年

9月

23日

〜 No.177 「書く」と意識と現実は本当に変わる〜

皆様こんにちは。

気温の変化が激しい毎日。体調崩されていませんか?

 

まずはお知らせです!

 

10/28に開催します「レジリエンス×マインドフルネス」講座

会場を両国⇒銀座に変更させて頂き

時間をトータル30分拡大して開催できる事になりました。

(トータル約4時間となります。お値段は据え置きです)

 

会場変更に伴い定員が少なくなってしまったのですが

それだけお一人お一人としっかりと向き合えるかな!と思います。

 

心に「余白」を持つのは簡単なようで難しく

ネガティブな感情のコントロールとマインドフルネスの知識が必要不可欠。

 

今資料を作っておりますが、専門用語も結構使ってるので難しいかも!?

脳科学など勉強したい方はガッツリ。そうじゃない方はかるく流して頂ければ。

実践+理論の4時間です。早割は今月末まで(残席少)

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/1028kh

 

 

さて。

今回は「北朝鮮に何でもっと他国がガツンと言ってやれないのか」を

経済学の「ゲーム理論」から解説しようと思ったのですが……

もうちょっと、やわいトピックにします。

 

というのも、最近

「書くと意識と現実が変わる」と

改めて実感したからなんです。

 

三連休は台風でしたね。

私は家にこもってずっと仕事をしておりました。

仕事といっても

実際に金銭的報酬が得られるかどうかは現段階で曖昧なもの。

(自分でビジネスしてる方には、よくある話 ^ ^;)

ですが、結構キツい仕事です。

 

で、私は思った訳です。

 

「そもそも、何で私はこんなに一生懸命やっているんだ?」

もっと手抜けばいいじゃん? と。

 

そんな折り、ある資料を探していたら

何年も前に受けた早稲田大学の本田恵子先生の研修資料が出て来ました。

(本田先生はアンガーマネジメントの第一人者なんですよ)

 

そこでTVでも紹介された事がある『かちっとファイブ』という

互いの価値観の落としどころを探るというワークシートがありまして

私はその時「仕事への取り組み方」について価値観を書いていたんですね。

 

答えはこうなっていました。

 

Q.あなたが大切にしているモットーを1位〜5位まで書いて下さい。

(ぜひ皆さんもやってみて下さい!)

 

5位:常に改善していく(1割でもできると思えばやる)

4位:お金で仕事を選ばない

3位:言い訳をしない

2位:メールには即返信する(12時間以内)

1位:クライアントの期待を越えるものを提供する

 

 

で、ワークシートでは

「なぜそれが大切なのかも書きましょう」とありました。

 

私はこう書いておりました↓

 

「私を選んでくれたからには

相手の期待を上回るものを常に提供したい」

 

こんな事を書いていたとはすっっっかり忘れていたのですが

今の私の仕事のモットーは

「相手の期待値を2割増で越えて行く」なんです。

 

もう、無意識に体が動くんですよ。

相手の期待を越えるものを提供するために

自分の限界を探ろうと。

 

よく「書くと叶う」といいますが

こうやって「書く⇒意識レベルに落ちて⇒実行される」

この繰り返しのかなぁと思いました。

 

もちろん、情報の知覚性とかRASという側面もありますが

ある目標やポリシーを具体化し、書くことによって

いつのまにかそれが自分の心の碇(いかり)となる

という事です。

 

マインドフルネスの骨子に

“What you practice grow stronger”

(自分が意識を向けること・実践することがより大きくなる)

というのがあります。

 

これは神経の可塑性(かそせい)と関係してくるんですが

(このあたりは講座でやります)

この仕組みを理解すれば

俗に言う引き寄せ何ちゃらが分かりますよ()

 

だから皆さんも、言葉を味方に付けて下さい。

今の言葉が、未来のあなたを作るのですから。

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

先週月曜日、葛飾北斎の娘が主人公のドラマ『眩(くらら)』を見ました。

原作者の朝井まかて先生も大好きだし、北斎の娘(お栄)の絵も大好きです。

「この世は光と闇でできている」という台詞が素敵ですね。

久しぶりにとてもよいドラマでした!

和製レンブラント。お栄、かっこいいです。

 

2017年

9月

12日

〜 No.176 倹約するなら◯◯費を減らせ〜

 

皆様こんにちは。

 

先日書いた「モナコ舞踏会に参加できる女は幸せなのか?」の記事

意外と好評なようで

Trinityさん用に少し脳科学部分を書き足しておきました。

ご興味のある方はどうぞ↓

 

http://www.el-aura.com/rion20170909/

 

さて、今日のトピックは「倹約」について。

 

(ちなみに、私は家計簿を細かく付けるような節約は、資産を増やすという観点で全く意味のない事、むしろ逆効果だと思っています)

 

以前のメルマガで

「固定費でクレカ払い・銀行自動引き落とし」

になっている支出を見直せば、どの家計でも必ず出費を減らせるのでは?

と書かせて頂きました。

 

(私も最近、1万円の違約金を払って

あまり使っていないポケットwi-fiを解約しましたよ!

それにしても、何なんだこの解約違約金というやつは...)

 

これに関して、投資マンガ

『インベスターZ』の18巻を読んでいたら、同じ事が書いてありました。

 

http://amzn.to/2vJYXZL

 

まず、家計を管理するのに

「家計簿は付けない」という考えも一緒でしたし

講座で紹介した「なかった事にする」貯金方法も一緒。

 

そして倹約の方法ですね。

本では、まず家の収支を

「管理可能支出」と「管理不能支出」

に分けなさい、と書いてあります。

 

「管理可能支出」とは

食費や洋服、趣味の費用など

月によって金額が増減するお金。

 

「管理不能支出」とは

家賃や自動車、住宅ローン

携帯や光熱費などの基本契約で支払い金額が固定され

主に銀行口座から引き落とされるお金。

 

皆さんは

この二つのうちどちらを見直すのが効果的だと思いますか?

 

答えは「管理不能支出」です。

 

(逆だと思っていた方、多いのでは?)

 

ここを大胆にカットするのです。

都心部在住なら、車を売ってしまうのも一つの方法。

(私もこちらに引っ越す前に、買値の半分で愛車を売りました)

いらない保険の解約もそう。

子供が気乗りしない習い事もそう。

 

ここで「損切り」できるかどうかが

倹約できるかのポイントにもなりますよ。

 

損して得取れ、です。

 

ちなみに私は「思い出を作るため」

「知識や能力を延ばすため」には

可能な限り出費します。

 

こちらの支出は、人生を豊かに生きるのに必要です。

自分の可能性を拡大し、上昇スパイラルに乗るのに必要なんです。

利益を得るためには、何でも先払いなんですよ。

 

 

細かな家計簿やストイックすぎる節約生活は

「自分をワンステップ上げるために必要な出費」

を出さなければいけない時、踏んではいけないブレーキになるんですよ。

 

そうじゃない出口は締める。

思い切っていらない固定費をリストラすると

お金も倹約できますし、気持ちがすっきりしますよ。

 

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

  

学びと言えば、料理がシャレにならない程できなかったので

ABCクッキングにも相当使いました ^ ^;

営業が上手くて、若かった私はケーキコースも取りました。

おかげさまで、人並み位にはなりましたが

やっぱり買う方が好きです〜。

2017年

9月

06日

〜 No.175 つい買いたくなる「プロテクト型投信」について〜

皆様こんにちは。

 

今日は、投資初心者の方が飛びつきそうな

旨味のある(注:売る側にとって)

投資信託について書こうと思います。

 

(*というのも、週末に新聞の一面広告に載っていたもので)

 

いわゆる

「プロテクト型」と呼ばれるそれは

プロテクトライン(名前もなかなか言い得て妙…)

基準価格の最高値90%に設定され

(基準価格が1万円ならプロテクトラインは9千円)

ファンドの基準価格は「それ以下に値下がりしない」という物です

 

どうですか!?

 

怖くて株や為替に手を出せない人でも

90%の元本が保証されて

尚且つ値上がりする可能性もある商品なら

ついつい食指が動くのでは?

 

で、一度上昇したプロテクトラインは

基準価格が下落しても下がりません。

 

万が一基準価格より下がるとどうなるか、というと

 

「償還」 ^ ^;

 

なんと、強制終了です。

運用が終了してプロテクトラインの金額が戻ります。

 

このタイプ(投信Aとしましょう)の募集要項にある

細かい字で書いてある注意書きも見てみます。

 

手数料:年間1.4404%

 

どうでしょう?

高いか安いか分からない?

 

100万投資していたとしたら

年間約14千円が手数料として引かれます。

(14千円だと高く感じますが、1.4%だと安く感じませんか)

 

預貯金なら手数料0円です。

しかも

投信は元本保証じゃありませんが

預貯金は1000万までなら元本保証されます。

 

冷静な方なら

あえてこの投信は買わないと思いますが

 

なんとこの投信

7月の純流入額のトップなのです!

(しかも2位に200億の差をつけてぶっちぎり1)

 

私が勝手に想像するに

500万とか1000万とか一気に預けるお年寄りが多いのでは

 

だって、セールス文句で

「損が限定される」って使えるんですよ!?

私たち、「損」が大嫌いですからね。

(損失回避の心理があるから)

 

「老後資金を減らしたくないでしょう?」

とか

対面でそこら辺をつけば、投資初心者の方になら

私でもたくさん売れそうです!

 

 

でも

リスクとリターンはイコールですから

ロスが10%に抑えられるという事は

ゲインも10%より上にはいかないという事です。

 

ロイターの記者の方も書いていましたが

そんなんだったら

自分の金融資産の90%を預貯金に預けて

残りの10%を株にでも投資すれば?

と思ってしまいます。

 

いやいや

金融商品の設計には

行動経済学で研究される「不合理な意思決定」を

うまくつく必要があるのですね〜。

 

買うのは個人の自由ですが

それが自分にとって本当に良いものか

よく考えて下さいね。

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

先日TV番組「マツコ会議」で、100万円の受講料を払って

モナコの舞踏会の参加を目指す方達の様子が放送されていました。

ある女性は「世界一幸せな女性になると決めたから」

講習会に参加しているそうです。

 

この様子を見て思い出したのですが

米科学者が認定した「世界一幸せな人」というのが存在します。

 

その人の名は、マチウ・リカール氏。

フランス生まれの僧侶です。画像↓

https://ameblo.jp/chocolatala/entry-12308313036.html

 

根拠は、利他の瞑想などで培われた脳にあります。

具体的に興味がある方は、ブログに書いておきました。

幸せになるには、「前頭前野の左側活性化」がポイントなんですよ

 

2017年

9月

02日

〜 No.174 有名ハンバーガ店に見る『捨てる技術』〜

 

皆様こんにちは。

 

最近急に涼しくなり、自律神経が乱れたのか太ってしまった柊です。

(いや、単にアイスを食べ過ぎたのかも)

 

まずはお知らせです!

 

10/28に開催する『レジリエンス×マインドフルネス講座』

講座終了後、約2ヶ月に渡るマインドフルネスのアフターフォロー

具体的なコンテンツをアップしました。

既にお申込み頂いた皆様は、楽しみにしていて下さいね ^ ^ 

受講をご検討されている方は、ご参照下さいませ。

 

〜フォローアップ内容〜

 

①『慈愛の瞑想』をやってみよう

②『喜びと幸せの瞑想』をやってみよう

③苦しみから自分を解き放つ『思いやりの瞑想』

④反すう思考と上手に向き合うコツ

⑤集中瞑想と観察(洞察)瞑想 〜デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)

⑥あなたの"Well-being"について考える

⑦調整的音楽療法でも使われる、瞑想にぴったりなクラシックを10曲紹介

MBSR(マインドフルネスストレス低減法)の具体的なカリキュラム

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/1028kh

 

 

少し専門的な内容から、日常に取り入れやすいコンテンツなど多岐に渡ります。

「これだけカバーすれば、まずは大丈夫でしょう!」という内容にしました。

自分で自分を癒せると、本当に楽です。

しっかりと勉強したい方、ぜひお待ちしています(早期割引は9まで)

 

 

さて、

今日は、ある有名ハンバーガー店に見る『捨てる技術』について。

 

新しい人生を作っていく意思決定をする時に

切り捨てなければいけないもの、何か覚えていますか?

 

『サンクコスト(埋没費用)』ですよね。

 

ところが、人は「切り捨てる」事ができません。

それは「今持っているもの」の価値を過剰に見積もる

保有効果の心理が影響しているからです。

 

これに関して、横須賀の『TUSNAMIというハンバーガー店の飯田社長が

興味深いお店の歴史を話していました。

 

(以下朝日新聞より抜粋)

 

飯田さんは最初は造船の仕事に就くが、ほどなくして趣味のサーフショップをドブ板通りに開店(1979)。何度も訪れたメキシコの経験から、店の一角を改装してホットドッグとバーを始めたが、やがて全面的にメキシコ料理店にシフト。ただ、売り上げは鳴かず飛ばず。

 

そんな時(2008年頃)、知り合いの米軍関係者が店に来て「横須賀には海軍カレーがあるけど、ネイビーバーガーはどう思いますか?」と尋ねた。その瞬間「これはいける!」と鳥肌が立ち、すぐに妻と都内の有名グルメバーガー店をはしごして研究。

一方で、横須賀市が米海軍横須賀基地からネイビーバーガーのレシピの提供を受け、観光振興策として売り出す企画も進んでいた。

 

そして20091月、「ヨコスカネイビーバーガー」の売り出しがスタート。販売当日、店の前には客の行列ができ、多い日には150人が並んだ。「一夜にして時代が変わった」と飯田社長。

 

(抜粋終わり)

 

今や店の看板商品となったハンバーガーは、累計販売数が60万個を突破。

年間売上高はなんと約2億円!だそうです。

 

私も、実はここのお店大好きなんですよ!

でも、こんな歴史があったとは知らなかったなぁ。

 

飯田社長が

「サーフィンの店止められるかよ!」

「せっかく作ったメキシコ料理止められるかよ!」

と言っていたら、今の成功はない訳ですよね。

 

私たちが何か選択する時は

「余計なこだわりをいかに捨てられるか」

これに限るなと思いました。

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

もう20年程前ですが、1999年の7月に地球が滅びるという預言がありました。

当時、恐怖の大魔王は土星の探査機「カッシーニ」の墜落では?と言われたりして、占いとか預言を少し信じていた若い私は、本当に近々地球が滅びたら何をしたいか考えました。

 

すると

「ハンバーガーとかパンとか揚げ物総菜を山ほど食べる!!」

というジャンク願望が涌き上がり(当時ダイエットをしていたから)

自分はなんてさもしい事を我慢していたのだろうと

切なくなったのを思い出しました。

 

何はともあれ、直火焼きのハンバーガは本当美味しいですよね!

2017年

8月

26日

〜 No.173 人は『負け方』を見ている〜

皆様こんにちは。

 

今日は、「負ける」ことについて書こうと思います。

 

私自身今年のテーマを「攻める」に設定していまして

「攻める」には「いかにして勝つか」と同時に

「いかに負ける事を恐れずに前に進めるか」

というのが至上命題になっています。

 

大人は、負けるのが苦手ですよね。

私も、成果が見えなかったり

コテンパンにやられると

勝負のテーブルに付くのが本当に億劫になります。

 

そんな私は最近、スポーツ選手から多くの事を学びました。

 

一人は山中慎介選手。

WBC世界バンタム級王座の12度目の防衛に成功した

プロボクサーです。

ボクシングの防衛戦では、連勝記録を作るために

格下の相手を選ぶチャンピオンもいるそうですが

山中選手は常に最強の相手を選んできたそうです。

 

その理由は

「ギリギリまで追い込まれないと、自分は成長しないから」

 

そして13度目の防衛戦。

これに勝てば、13連続世界王座防衛記録に並ぶという

歴史的な一戦です。

対戦相手に選んだのは、一回りも年下の

ルイス・ネリー選手。

 

結果、山中選手は4ラウンドで棄権。

防衛に失敗します。

(現在、ネリー選手はドーピングについてもめていますが…)

 

この様子はNHK『プロフェッショナル』で放送されていました。

勝負には勝てませんでしたが

私たちは、ボロボロになった山中選手に心を奪われる訳です。

 

「この人について行きたい」

「この人を応援したい」

「一緒に仕事をしたい」

と思うのは

 

失敗しない人・負けない人ではなくて

「負けを恐れずに勝負していける人」

「負けても、また挑戦しようと奮起する人」

です。

 

「負けた」としても

周りの人はその結果より

プロセスをはるかに重要視し

人としての資質を判断します。

 

夏の甲子園の準決勝では

広陵 vs 天理 という強豪校同士がぶつかりました。

広陵高校には、中村奨成君という世紀の打者がいるのですが

天理の投手は、9回裏のピンチでも中村君との勝負を避けませんでした。

試合では打たれてしまいましたが

全力で真っ向から勝負した投手を、誰が責めるでしょうか。

 

一方、松井秀喜選手が5打席連続敬遠され

1度もバットを振らずに、星稜高校が敗退した事(1992)があります。

負けた星稜高校には、球場からたくさんの拍手が送られ

勝った明徳義塾には、ものすごいブーイングが浴びせられました。

 

敬遠が一つの作戦であり

それ自体外野がとやかく言うべきではありませんが

人の感情はそう割り切れるものではないのです。

 

そしておそらく、自分の中でも

「負けを恐れて本気の勝負を避けた」というのは

一生の悔いとして残るでしょう。

 

勝ち負けの結果よりも

負けたプロセスの方が

より周りの人の印象に残り

自分の未来にも影響するのです。

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

最近『ブレイン・マネジメント』(サンマーク出版)という本を読みました。

『話を聞かない男・地図が読めない女』を書いた著者さんの本です。

 

自動的に夢が叶うとか、装丁はスピっぽいのですが

実際は「数の理論」に基づき負けても負けても前に進み続ける、という

夫婦のド根性論が書いてありました。

 

私もここ数日、負けるのがデフォルトと思って

進み続けなければいけない事があり

この本の著者が書いている事に色々と共感しました。

 

http://amzn.to/2ittSYf

 

負けそうな人、読んでみると元気がもらえると思います。

 

2017年

8月

17日

臨時メルマガ②なぜ、リジリエンスとマインドフルネスを学ぶ必要があるのか

皆様こんにちは。

 

今日は10/28に開催する【レジリエンス×マインドフルネス】講座の内容を

臨時メルマガでお伝えする2回目です。

 

----臨時メルマガ配信スケジュール-----

 

1回目:セミナー概要&担当講師紹介

2回目:なぜ、レジリエンスとマインドフルネスを学ぶ必要があるのか

3回目:当日学習する講座詳細

4回目:アフターフォローについて

 

------------------------------------------------

 

今回は、なぜ「レジリエンス」と「マインドフルネス」なのか?

という部分を書きますね。

 

 

結論から申し上げます。

 

人生をスムーズに生きるためには

プライベートや仕事で、自分に逆風が吹いた時

それに「反応」せずに、「対応」するコツを

身につける必要があるからです。

 

 

例えば、私は2年前の夏に小浜島に行った時

今シーズン最大と言われる台風の直撃を受けました。

 

離島から石垣島に行くフェリーは欠航。

石垣島から羽田に飛ぶ飛行機も欠航。

延泊料金1日につき3万。

 

 

こんな時、状況に「反応」してしまうとこうなります↓

 

「なに〜!?よりによって何で台風が来る訳!?

あー!あと2日旅行を早めるか遅くすれば良かった!

しかも部屋に缶詰になるだけなのに、こんなお金取られるの!?

あー!ついてない!せっかくの旅行がぁ〜!」

 

もう心はグチャグチャになる訳です。

 

では、「対応」するとどうなるでしょうか?

 

「台風が来るのね。で、それが落ち着くのはいつ?

2日位か。じゃ、今日の午前中まではインドアのアクティビティができるから

シーサーでも作ってみようかな。そうそう、500ページある専門書持ち込んでたから

缶詰になってる間に一気に読んじゃおう。3万払うのね。ま、仕方ないね。

そうだ。どうせ日程が延びるなら、帰りに石垣島でも1泊追加しちゃおうかな!」

 

 

2年前は、私も一応この仕事を生業としていましたので

台風に「反応」するのではなく、「対応」して

結果的に、予期せぬアクシデントに遭遇しても

それを楽しむ方向に舵を切れました。

 

しかし10年前の私なら、間違いなく前者になり

「最悪の旅行」という結果を招いていたでしょう。

 

 

少し専門的な話になりますが

私たちに身の危険が迫った時は

脳の古い部分である「大脳辺縁系」が反応します。

 

特に、「扁桃体」という部分が活性化し

私たちの感情をかき乱すのです。

 

「反応」している時は、いわばこの扁桃体が火災報知器のように

ウーウー鳴っている状態です。

 

対して、冷静に「対応」している時には

脳でも高次認知機能を司る「大脳新皮質」が活性化します。

 

特に、前頭前野と呼ばれる部分は

理論・集中力・意思決定に大きく関わっており

ここが働くからこそ解決策を冷静に導き出せるのです。

 

 

そして、

レジリエンスとマインドフルネスを理解する事によって

この「対応力」を鍛える事が可能です。

 

「現実」は1つですが

「反応」するか「対応」するかで

未来が180度変わってしまいます。

 

 

残りの何十年という人生

つい「反応」ばかりして、損をする必要はありません。

 

といっても

レジリエンスを講義頂く加藤先生も私も

昔から「対応」の達人だった訳ではありません。

 

「やってしまった...」的な失敗談を

おそらく皆さんと同じか、それ以上に経験しています。

 

 

でも、人は変われるのです。

 

そのプロセスを、ぜひ講座ではシェアさせて頂きたいと思っています。

 

 

では、次回

3回目:「講座詳細」は来週木曜日に配信します。

 

*講座の一般申込は、8/31()〜行います。

 

 

 

それでは失礼いたします。

 

2017年

8月

13日

〜 No.171 【心のレンズ】の3つの特徴〜

皆様こんにちは。

 

今日は、【心のレンズ】のお話です。

私たちは何かを見たり解釈する時

ありのままを見ているようで

実はそうではありません。

 

必ず自分の【心のレンズ】を通してでしか

現実を把握する事ができないのです。

 

今日は、このレンズの特徴を3つご紹介しましょう。

(癒しフェアのワークショップに参加頂いた方は

復習になりますので、ご参考にして下さいね)

 

1つ目。

心のレンズは「古くても取り替えたがらない!」

 

いくら他の人が「こっちのレンズが最新式ですよ」

「これをかければ、遠くも近くも今よりはっきり見えますよ」

とアドバイスしてくれても

「いえ、私はこの傷が付いた汚れたレンズで結構です」

と、自分の古いレンズをいつまでも持ち続けてしまいます。

 

これは、「心のレンズ=自分が培って来た価値観」だからです。

専門用語で、「スキーマ」と言います。

 

私たちは、常に一貫性のある見方で

世界を見たいと思っています。

 

なので、いくらはっきり見えようが

真実をありのままにうつしてくれるレンズだろうが

他のレンズは脅威でしかありません。

 

なぜなら、今まで自分が正しいと信じていた事が

間違いだった!という事にもなりかねないから。

 

2つ目。

「心のレンズのピントに合わない情報はそもそも見えないし

見えたとしても、歪んで映る」

 

私たちは、自分の思い込みや価値観に合う情報だけを選択し

知覚しています。

 

驚くほど、世の中の事が見えていないのです。

更に、自分の価値観とそぐわない情報は

適当にねじまげて解釈してしまいます。

 

3つ目。

「人のレンズの汚れは、目ざとく見つける」

 

悲しいかな。

誰でも「自分のレンズほど、透明度が高いレンズはない!」

と思っています。

 

そして、自分のレンズの汚れは見えないくせに

他人のレンズの汚れはほんの僅かでも気付くのです。

 

これはいい面もあります。

私たちは、日々何千という決断をしていかないといけませんよね。

そういう時に、いちいちレンズの汚れを気にしていると

いつまでたっても前に進んでいけないのです。

 

ただ、気付いた時に

立ち止まって、レンズの汚れ具合や歪み具合を点検し

レンズを磨こう!という心がけがとても大切です。

 

 

透明な三角柱のプリズムに光を通すと

きれいな7色に光が出力されます。

これはレンズが透明だからです。

 

これが赤いプリズムだったり黒いプリズムだったら

光を通しても7色にはなりませんよね。

 

完全なクリスタルクリアのレンズを持つのは

不可能です。

 

でも、なるべく綺麗なレンズを持とう!

と心がけることで、自分の可能性を広げる事ができますよ。

2017年

8月

11日

『レジリエンス×マインドフルネス』講座のご案内①

皆様今日は。

 

これから毎週木曜日に、10/28()の午後に都内で開催する

『レジリエンス×マインドフルネス講座』

の詳細情報を、4回に分けてお知らせして参ります。

 

通常のメルマガは週末に発行しておりますが

そちらに書くと長くなってしまうので、臨時に発行する事に致しました。

いきなりこちらのメルマガから届いてしまった方、すみません。

受講を検討されている方は参考にして下さい。

(講座の一般お申込みは、8/31〜スタートします)

 

 

----下記配信スケジュールです-----

 

1回目:セミナー概要&担当講師紹介

2回目:なぜ、レジリエンスとマインドフルネスを学ぶ必要があるのか

3回目:当日学習する講座詳細

4回目:アフターフォローについて

 

-------------------------------------

 

 

今日は1回目なので

『セミナー概要&講師の略歴』

についてご紹介させて頂きます。

 

今回こちらのセミナーを開催しようと思ったのは

心に「余白」を持つことが

どれほど人生を豊かにし、生きるのが楽になるか

私自身が身をもって体感してきたからです。

 

私のメルマガや著作をお読みになって下さった方は

もうご存知かと思いますが

私は20代半ばから30代前半にかけて

精神的に大変辛い毎日を過ごしていました。

 

具体的に言えば

離婚裁判・0才の娘の育児

パーキンソン病を患った父親の介護を

たった一人で抱えていたのです

(当時、母親は既に亡くなっておりました)

 

若く、人生で一番輝いているべき時期に

「なぜ自分だけが」という思いに

囚われずにはいられませんでした。

 

最近、クライアント様に

「ご自身の心を5段のチェストだとして

それぞれにどんな感情がどれ位入っていますか?」

と伺ってみる事があります。

 

当時の私は

怒り(元夫・父・娘・自分に対して)

不安(将来のこと・綱渡りの毎日のこと)

焦り(仕事・介護と育児、仕事の両立がいつまでできるか)

といった感情が、各引き出しに溢れるくらい詰まっていました。

 

当然、日々の生活の中で感じる

喜び・嬉しさ・幸せをしまうスペースはなく

本当にたくさんのかけがのない物を

見逃していたと思います。

 

(父も亡くなり、娘も成長する中で

心に余裕を持てずに家族に辛い思いをさせた自分の振る舞いを

今とても後悔しています)

 

でも一度底まで落ちると、今まで底に向けていた視点を

初めて「上」に向けてみようと思ったのです。

 

そこで最初にやったのが

「現実をありのままに受け入れる」

という作業でした。

 

現実が、辛ければ辛いほど

この作業には痛みが伴いました。

 

今まで力ずくで拒もう・跳ね返そうとしていたものを

両腕を開いて自分の中に受け入れないといけなかったからです。

 

そして次に

心の中の不要なガラクタを捨てる作業を始めました。

 

それは過去の怒りであったり

未来への不安です。

 

なかなか思う様に進まない事もありましたが

ガラクタを片付けると

今度はそこに、今まで見落としていた

幸せや幸運が入ってくるようになったのです。

 

あれから数年経ち

抱えていた問題は解決し

今は、当時からは想像できない位

幸せで平穏な毎日を過ごしています。

 

思いもかけず、時給1000円でお茶汲みやコピー取りをしていた私が

本も書く様になりました。

 

そう、人生は「変わる」のです。

 

そして、「全ては変わって行く」事を

「ありのままに受け入れ、見つめる」力は

生きて行く上で大きな光となります。

 

10月の講座では

①レジリエンス ②マインドフルネス

という二つのキーワードを軸に

「受け入れ、前に進む力」を皆様に身につけて頂きたいと思っています。

 

さらに今回は、特別講師をお招きします。

ビジネス書作家で、人材育成コンサルタント・講演家でもある

加藤アカネ先生です。

 

加藤先生は、()ANAで長年VIP担当部門のトップとしてご活躍され

「伝説のCA」と呼ばれた方です。

後進の教育にも力を注がれ、数多くのCAを育て上げました。

 

昨年出版された

ANAVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方」

(サンマーク出版)はAmazon ベストセラーランキングビジネス部門第1位2ヶ月間ランキングし5刷重版、アジアでの翻訳出版も決定しています。

 

https://goo.gl/YEJE8B

 

加藤先生は、とても華やかな外見と気品がおありですので

ともすると「何のご苦労もされずに、今の地位を築かれたのでは?

と感じてしまいがちです。

 

しかし、そうではありません。

加藤先生が今のポジションを築かれるまでには

人並み以上のご苦労と葛藤があったのです。

 

講座では、加藤先生が実際に問題に直面し、解決してきたメソドを

実際に皆様の日常生活にも役立てるようにご教示頂きます。

 

今回は加藤先生が「レジリエンス」

柊が「マインドフルネス」のレクチャーを担当します。

 

加藤先生からレジリエンスを学べる機会は

そうそうありません。

 

そして加藤先生も私も

「受けて終わり!の講座にはしない」

というのを、今回の柱に据えています。

 

目的は講座を受ける事ではなく

受けた後に、変化して頂く事です。

 

講座のアフターフォローについては

後のメールで詳細をご案内させて頂きます。

 

 

 

今回の講座は、著者が行うイベント系トークショーではありません。

人生で様々な困難にぶつかった時、

「それから逃げず、受け止める強さを身につけるための実践型講座」になります。

 

では、次回

2回目:「なぜレジリエンス・マインドフルネスなのか」 

来週木曜日に配信します。

 

講座の一般申込は、8/31()〜行います。

 

2017年

8月

04日

〜 No.170 大雨警報が出ていても花火大会は開催すべきか?〜

皆様こんにちは。

今日は、「リスクと決断」について考えてみたいと思います。

 

突然ですが

あなたが5000発を打ち上げる花火大会の主催者だと想像して下さい。

いよいよ今日がその日。

ところが朝から小雨模様で、夕方からは地域に大雨洪水警報が出て

雷鳴も聞こえてきます。

 

一応、明日も予備日として確保してありますが

あなたが主催者なら、このまま今日決行しますか?

それとも明日に順延しますか?

 

実はこれ

先週火曜日に行われた「相模湖花火大会」の、実際の状況です。

 

私が主催責任者なら

当日朝の段階で、間違いなく翌日に順延する決断をしますね。

だって、翌日の予報は「くもり」なんですもん。

 

高尾—相模湖で中央線が止まっても困るし

万が一大雨で冠水したり、事故があったら大変じゃないですか。

私は主催者として、そのリスクを取りたくありません。

 

でも、相模湖花火大会には

「雨天順延」という言葉がないらしく

(一昨年は途中で雷雨でしたが、中断しつつ結局最後までやった)

今年も警報が発令される中で開催したんです。

 

何かを決断する時には

「リスクをゼロ」にするのではなく

「取れるリスクの上限」

を明確にする必要があります。

 

主催者のリスクの上限はおそらく

「台風」あたりでしょうか。

 

「台風」レベルなら中止。

そうじゃなければ、やる。

(帰りの電車が止まっても、クレーム来てもその時はその時!)

 

こういう単純な線引きだったと思います。

それと、順延に伴う

有料席の返金リスクを取りたくないのでしょう ^ ^;

 (全員に返金すると約200万の収入がゼロになるので)

 

結果、小雨〜土砂降りの中で花火大会は行われたんですが

もうヤケっぱち感が半端なかったです()

 

本来90分のところ、30分に短縮したもんだから

5000発は打たないにしろ

ドッカンドッカン間髪入れずに打ち上げます。

 

そして、アナウンスで突然

「花火大会は終了しました」の放送が

 

どうですか、この気持ちいいくらいの強引さ!

 

行く側もね、リスクを明確にしないとダメなんですよ。

私も娘に確認しました。

 

「行っても途中で電車が止まるかもしれないし

花火大会も急に中止になるかもしれない。

帰りも、家に戻れなくなるかもしれないよ。

それでも行く?」

 

娘は「それでも行く!」というので

私たちは最悪の事態を覚悟し、長靴はいて出かけた訳です。

 

「自分が取れるリスクの中で動く」事を決めると

日常の色々な場面の決断が簡単になりますし

最善の結果が得られなくても、大して後悔しなくなります。

 

皆さんの、「リスクの上限」はどこにありますか?

 

リスクをゼロにする事ばかり考えて

身動きが取れなくなっていないでしょうか。

 

 

PS:

ちなみに、花火は若干ぼやけていましたが

やっぱりキレイでしたよ。

こういうのは思い出になりますし、行って良かったです。

2017年

7月

29日

〜 No.170 「止められる事」が、なかなか止められない訳〜

皆様こんにちは。

 

今日は節約にも関係してくるトピック。

「止()められるのに、なぜ止められないの?」

というお話です。

FPさんの診断でダメ出しされる家計簿には

必ず削れる支出項目がありますよね。

 

必要ない保険かもしれないし

余り行かないジムの会費かもしれません。

 

「なぜ必要ないお金が出て行ってしまうのか」

理由は大きく2つあります。

 

1つは、「現状のままが一番心地いい」と感じる

私たちのバイアスです。

 

動物にとって、恒常性を保つのはとても大切。

なので、その選択がどんなに不合理なものであっても

「変える」のが酷く億劫になってしまいます。

 

2つは、「自動引き落とし」になっている場合です。

「お金×心理学」講座でも学習しましたが

トータル資産の損益は変わらなくとも

私たちは項目等によって、会計を個別に分けてしまう

「メンタルアカウンティング」という心理があります。

 

特に、現金払いとクレカ払い(電子マネー、自動引き落とし含む)では

クレカ払いの方が、支払時の痛みはかなり少なくなります。

 

ジムの会費などはまさにこのパターンで

同じ1万円でも、通帳から勝手に引かれる数字の羅列は

自分の手で諭吉さんをお財布から出して払う時よりも

1万円の価値が圧倒的に安く感じてしまうのです。

 

私は今月、2ついらない物をやめる事にしました。

1つはバーチャルオフィスの解約。

あとひとつは、Huluです ^ ^;

 

どちらも惰性で続けていたクレカ払いです。

 

こうやって振り返ると

「何となく固定費になってしまっているもの」

「自動引き落としになっているもの」

を見直す事で、どこのご家庭でも月に1万ほど

節約できそうな気がしました。

 

そして大概のものは

なくても全然平気だった、と感じる今日この頃です。

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

お子さんがいる方、夏休みですね。

私が小6の時は、球技が苦手なのに地区のポートボール

(バスケみたいなやつ)のキャプテンにされてしまい、

4時半に起きポートボール朝練⇒ラジオ体操⇒学校の水泳選抜の特訓

⇒夕方再びポートボール練習

というストイックな日々を送っていました。

勉強はほとんどしていなかったと思います ^ ^;

 

38才の今なら、2日目からサボりそうなルーティーンです。

 

2017年

7月

21日

〜 No.169【自分を不幸にする感情】を育てていませんか?〜

皆様こんにちは。

 

今日は「自分が心に思い浮かべる感情」が

「自分の脳の特性を変える」という事をお話します。

 

具体的には

寛容の気持ちを持てば「寛容さ」が

優しさの気持ちを意識すれば「優しさ」が育ち

 

いつも怒っている人は「怒り」を

悶々と不安にさいなまれてばかりいる人は「不安」が

脳の中に「育ち」ます。

 

キーワードは「神経の可塑性(かそせい)」です。

 

1990年代まで、私たちの脳は退化する以外に

神経経路の接続は、一生変わらないと考えられていました。

 

でもfMRIなどの発達によって

私たちの脳は、大人になっても

「意識する事によって変わる」のが分かったのです。

 

ロンドンのタクシー運転手を対象に行われた

有名な実験があります。

 

ロンドンで「ブラック・キャブ」と呼ばれる資格を取るには、ドライバーは数百の通りの名前、何十もの主要ルート、無数の近道を記憶する必要があります。

 

非常に難しい試験で、数年の準備期間があっても落ちる人も多いそうです。

 

そしてこの試験に合格した運転手の脳には

ある共通の特徴がありました。

それは「海馬の灰白質(記憶と空間認識に関する部位)が、人よりはるかに厚い」こと。

 

他にもヴァイオリン奏者の場合

弦をネックに押し付ける動作に使われる左手の運動機能に関する部位が、一般人よりかなり発達しています。

 

私たちが日常で意識を向けた部分の能力が、強化される事が証明されたのです。

 

集中に関する脳の部位を使えば使うほど

「集中」することは楽になり

「思いやり」の部分を使えば使うほど

他者への愛や慈しみはより強くなります。

 

(専門的な言葉を使うと、「皮質」という部分が厚くなります)

 

脳の特性は自分で変える事ができるのですから

神経の可塑性を味方につけると

豊かな人生を生きるのにとても有益ですね。

 

一方、この特性を敵に回すと

どうなってしまうでしょうか。

 

アイツに復讐してやろう!

アイツを引きずり降ろしてやる!

 

という気持ちを持ち続ける事は

世の中に自分の正当性や正義を振りかざし

相手を攻撃してストレスを解消しているように見えますが

自分の脳の配線を

マイナスの感情につなぎ続けているのと同じ。

 

私たちが過去の嫌なできごとをくよくよ思い出したり

仕返しを考えたりネガティブな感情に反応していると

こうした配線が、時間と共にだんたんと強化されます。

 

結果、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールレベルも増え

自分自身の心と体を傷付けることになります。

 

私たちが考え、思考することは

それが良くも悪くも心の傾向となります。

 

私たちを悩ますのは、出来事そのものというより

「出来事への自分の反応」です。

そしてその反応の仕方は

マインドフルネスの実践などの訓練で鍛え

改善する事が可能です。

 

自分の感情は

それが幸せにつながるものでも

不幸を呼ぶものでも

自分自身が育てている、という感覚を持つ事が大切です。

 

そうすれば、毎日の行動が

より慈愛・思いやりに満ちたものになり

自分の心が変わると同時に

現状も少しずつ変わってくるのではないでしょうか。

 

 

参考文献:

『マインドフル・ワーク』NHK出版 デイヴィッド・ゲレス

『脳はいかに治療をもたらすか 神経可塑性の最前線』紀伊国屋書店 ノーマン・ドイジ

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

水曜日、ジャガイモを茹でていたら不注意で左手親指をヤケドしました。

範囲は2cm×2cmほどですが、かなりヒリヒリして痛かったので

「痛みを軽減するマインドフルネス」を実践した所

すぐに痛みが緩和されました。

これはマジックでも何でもなく、脳が痛みの信号を処理しないようにすれば

誰にでもできます(もちろん深刻な場合は病院に行って下さいね!)

 

10/28の講座でマインドフルネスを扱いますが、奥が深いので

「どこを切り捨てるか」が悩みどころです。

基本は押さえるとして、「痛みの緩和」は私もとても助かっているので

ぜひ入れたいと思っています。

 

 

2017年

7月

14日

〜 No.168 金融庁がお勧めしない2つの投資信託〜

皆様こんにちは。

 

会社勤めの方はボーナスの支給もあり

それを元手に資産運用を考える方も多いのではないでしょうか。

どの投資信託を買うのもその方の自由なのですが

今回はご参考までに金融庁がお勧めしない

2つの投資信託タイプをご紹介します。

 

何を持って「お勧めしない」かというと

来年1月から始まる積立型の少額投資非課税制度(積み立てNISA)

に関する内容からです。

 

積み立てNISAというのは

積み立て投信で生まれた利益を20年間非課税にする事で

資産形成の効率を上げるために作られた制度。

現在公募型の投資信託は約5400本ありますが

ここから金融庁のふるいにかけられた約50本のファンドから

希望者は自分で積み立て商品を選び運用する事になります。

 

つまり

「選ばれなかったファンドの特徴=金融庁がお勧めしないファンド」

という事になります。

結論から言うと、金融庁がお勧めしないファンドの特徴は次の2つです。

 

①アクティブファンド

②毎月分配型ファンド

 

 

まず①から。

 

アクティグファンドというのは

ファンドマネージャーが自身の腕で商品を売り買いして

利益を出す事を目標にしているファンドです。

なので、運用者の力量がかなり問われます。

手数料も割高です。

プロが運用するので一見投資効率が良いように思われますが

行動経済学などの検証で、実はそうでない事が分かっています。

プロのトレーダーが株を売買するのと

猿がダーツを投げて売買をする運用成績を比べても

実はほとんど差がありません。

 

中には投資の天才もいるでしょうから

運良くそういうファンドマネージャーを見つければいいのでしょうけど

至難の業です。

 

 

これに対してインデックスファンドは

「日経平均」などの指数の構成銘柄に同じ割合で投資するので

ベンチマークと同じ運用成績になります。

株だけでなく債券など内容も様々で、手数料は割安です。

 

このような状況なので

金融庁のふるいにかけられたファンド候補の約50本のうち

アクティブファンドはわずか5本になる見込みだそうです。

 

ファンドをふるいにかける際

「毎月分配型」の投信もはじかれます。

分配金は銀行の利息と同じと勘違いしている人が多いのですが

ただ単に元本を切り崩しているだけなので資産形成には不向きで

かつ分配金が支払われるたびに税金が引かれます。

 

投資は複利効果によって資産を殖やすべきですが

その効果も望めません。

でも日本では未だに毎月分配型が大人気です

これは行動経済学でいう「双曲割引(そうきょくわりびき)

に関係しています。

 

私たちの「今すぐもらえる!」という

目の前のご褒美に飛びついてしまう心理です。

 

このプロセスを経て50本に絞られるのですが

個人的にこれでは候補が多過ぎると思っています。

 

なぜかというと、「人は多過ぎると選べない」のも

研究から明らかになっているからです。

できれば、「7プラスマイナス2」

つまり、毛色の違う分野からそれぞれ12ファンド位。

5〜9本に絞ってあげないと

国が一番積み立てを始めて欲しい人達はほとんど腰を上げない

と予想されます。

 

30代・40代のうちから

金融の知識や実践を身につけておくのはとても大切です。

ただ、積み立てNISA

ファンドのスイッチングができないデメリットがあるので

ご自身の投資ポリシーと合わせてよく考えてられると良いでしょう。

 

個人的にスイッチングができないのはデメリットと考えているので

もし自分で選ぶ自信がない方は

金融庁が絞った50本のファンドの中から

リスク許容度に合わせたファンドを買えばいいのでは? 

と思ってしまいます

 

 

【参考文献】

「選択の科学」文藝春秋 シーナ・アイエンガー

 

 

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

先週、私のファイナンシャルアドバイザーでもあり、5月に開催した

「お金×心理学」講座にもご登壇頂いた先生と面談してきました。

今回投資する商品のファクトシートの”who should invest”の覧に

“Investors seeking a hedge against any rand depreciation”

(ランド安のヘッジをしたい方向け)とあり、ここが引っかかっていたので

質問した所、南アの政治状況を含めてすごく分かりやすく解説頂きました。

来年6月初旬の土曜日に同講座を開催予定で、再度先生にもご登壇頂きます。

参加される方は、ぜひそれまでにご自身でも無理のない範囲で金融や経済を

勉強してみて下さい。

 

再受講を希望される方は、気になる株価の定点観測など

できる事から日常生活に取り入れていきましょう。

 

 

2017年

7月

02日

〜 No.166【16ヶ月で13倍】になる金融商品ほしいですか?〜

皆様こんにちは。

 

今日は久しぶりに金融の記事を書きます。

 

今回取り上げるのは

【ビットコイン】と

VALU】というプラットフォームについて。

 

最近のビットコインの値上がりはすごいですよね。

年初からみても、既に3倍です。

 

昨夜もNHKニュース7を見ていたら

「ビットコインの暴騰」が取り上げられていて

ある美容関係の女性が

16ヶ月前にビットコインを買った所

現在「13倍」の195万円ほどになっている!

というニュースが取り上げられていました。

 

およそ15万を投資したと考えられるので

175万ほどの利益を得た、という計算になりますね。

 

すごいですね!

こういうニュースを見たら「オレも!私も!」

と、ビットコインを所有したくなるのではないでしょうか?

 

でも、ちょっと立ち止まって考えて下さい。

 

(五月に「お金×心理学」講座に出席した方

復習ですよ〜!)

 

『リターン』は、『何』とイコールなのでしたっけ?

 

.......

.......

 

そう。

 

『リターン』は、『リスク』とイコールでしたよね。

 

つまり、16ヶ月で13倍のリターンを叩き出すという事は

逆もまた然り。

16ヶ月で同等のマイナスが出る可能性もあるという事です。

ビットコインは追証がかかる訳ではないので

価値が0に近くなるという事です。

 

はい、またクイズ。

 

『リスク』とは『危ない事』ではありませんでしたよね。

では、何でしたっけ?

 

......

 

......

 

はい。

『リスク=変動幅(volatitliy)』でしたね。

 

つまりビットコインは、そこらへんにある金融商品とは

比べ物にならない位の『変動幅』を持っているのです。

 

講座に出た方は

ご自身の『リスク許容度』を分析しましたよね。

そこで、「100%」のリスクを取れた方

いなかったと記憶しています。

ビットコインは、その上を行く変動幅を持つという事です。

 

ビットコインの値上がりを期待するなら

同等の値下がりを理解した上で、買いましょうという話です。

 

17世紀にオランダで起こったチューリップバブルも

「球根は値上がりする」という一方向でしか見えていなかった人が投機を繰り返し、崩壊しました。

 

よくよく、気を付けて下さいね。

 

また、最近『人の価値』を株のように投資ができる

VALU】というサービスが注目を集めています。

 

ホリエモンとか、イケダハヤト氏、

はあちゅう氏などが上場されています。

 

http://valu.userlocal.jp/?order=cap

 

これも「◯日で一千万円調達」的な

センセーショナルな書かれ方をされたりしています。

「黎明期の今に投資しない奴はバカだ!」的に

煽る人もいます。

 

でも、よーく見て下さい。

一体何人がその「""」に投資していますか?

 

ホリエモンで約200名。

他の人は数名なんてのもあります。

 

つまり、その人のちょっとした失言で

とんでもない暴騰と暴落になる可能性もあるという事です。

 

ボーナスが出て、少しでも儲かる商品に投資したいと考える方。

美味しい儲け話や金融商品のうたい文句が出てきたら

それ相当のマイナスに触れる覚悟があるかどうか

よくよく冷静になって下さいね。

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

この1週間は「ショーシャンクの空に」と「セブン」を鑑賞しました。

どちらも20年程前の映画ですが、脚本のお手本とされるだけあって

素晴らしい映画でした。

ただ、セブンはグロすぎてホラーが苦手な私はスマホの画面を

傾けながら見ていました

 

2017年

6月

24日

〜 No.166 歴史を知って「幸せの参照点」を捉え直す〜

皆様こんにちは。

 

先週のメルマガで

ストレスコーピングについて書きました。

 

あらかじめ気分転換になる事をリストアップしておく

という内容でしたね。

 

その時書かなかったことで

おすすめのストレスコーピングがあります。

 

それは「歴史に触れる」という事です。

えー!?歴史は嫌い!という方。

 

歴史は暗記するものではなく

先人達の生き様を学ぶもの。

知恵の宝庫でもあります。

 

それがなぜストレスコーピングに効果的かというと

いわゆる「幸せの参照点を柔軟にする」のに効果的だからです。

 

「参照点」というのは「基準点」。

 

ある点を境に、これに届かない自分は不幸

届いた自分は幸せ、というイメージです。

 

「不幸」「不安」「焦り」「孤独」というのは

基本的に「他人との比較」から生まれます。

 

例えば、友達が全員独身だったりパートナーがいなければ

自分が独身だとしてもそれが「普通」と感じますが

周りが幸せな結婚をしていたりしている人ばかりだと

独身でいる自分が何だか不幸に思えてきます。

 

こんな時、「幸せ」の参照点を柔軟に捉えられれば

余計なネガティブな感情に振り回されにくくなります。

 

といっても、現代の日本では

ほとんどの人は衣食住に事足りていますし

職業選択の自由も憲法で保証されていますよね。

 

となると、「感謝すべき事が見つかりにくい!」

という状況に陥ってしまいます。

 

「現代」の枠の中で考えられる「幸せの参照点」は

必然的に高くなってしまうのです。

 

そこで、「昔」を知ると

幸せの源である「感謝すべき事」がたくさん見つかります。

 

例えば、私は最近塩野七生先生の

「ローマ亡き後の地中海世界」という本を読んでいるのですが

ここで語られる西ローマ帝国崩壊後のイタリアは

この世の地獄を集めたような状況です。

 

当時、地中海に面したイタリアの都市には

アフリカ大陸の方からイスラム教のサラセンの海賊がやって来て

虐殺・略奪・拿捕を繰り返します。

 

そこで頑強な男達は捉えられて奴隷になり

「ガレー船」の漕ぎ手になるのです。

 

当時の船のエンジンは、風と人力。

狭くて暗い場所に、逃げない様に互いに鎖で繋がれて

ろくに飲食も与えられず

ムチで叩かれながら船を漕がされるんです。

 

これを読むだけで

今の自分がどれ程恵まれているか

感謝すべき事がたくさん浮かんできませんか?

自由ってこんなにありがたく素晴らしいんだって、

思えませんか?

 

また、違った角度から「建礼門院」という人の生涯も

非常に興味深いものです。

 

建礼門院は、平清盛の娘で高倉天皇の后。

わずか6才で壇ノ浦に沈んだ、安徳天皇の母親です。

 

かつては日本一の栄華に浴した女性が

実家や最愛の息子、名誉や地位を失い

都を追われて余生を過ごした生涯は

「六道語り」として知られています。

 

清涼殿や紫宸殿の中で、大切にかしずかれ

「いつ桜が咲くかしら」という事だけ気にかけていた生活から

持っていたものを全て失い

誰も来ないような侘しい場所で

肉体労働さえするような環境になったのです。

 

私達も環境の変化に伴うストレスにさらされますが

建礼門院の波瀾万丈の人生に触れれば

何とか自分も、新たな環境に適応できるような気持ちになれます。

 

他にも枚挙にいとまがないのですが

「感謝すべき事が見つからない」

「自分がとても幸せだとは思えない」

と感じたら、ぜひ歴史に触れることをお勧めしますよ。

 

 

 

【参考文献】

 

「ローマ亡き後の地中海世界」新潮社 塩野七生

「建礼門院という悲劇」角川選書 佐伯真一 

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

最近、amazonプライムで「ゴッドファーザー」を見ました。

45年ほども前の映画なんですね!

脚本のお手本みたいな映画なんですが、容赦なく怖いです!

でも非常に美しかったです。

2017年

6月

17日

〜 No.165 ストレスから逃げる術を用意しておく〜

皆様こんにちは。

 

最近梅雨空の日も多く

何となく気分もどんよりしてしまいますね。

 

今回は、プライベートやお仕事のストレスを感じた時の

対処法を紹介したいと思います。

 

「ストレスコーピング」

と呼ばれるものです。

 

すごく簡単に説明すると

「気分転換できそうな事を、あらかじめリストアップしておく」

というものです。

 

ここ最近、立て続けにテレビでも放送されていたのですが

決まって先生はこう言います。

 

「では、皆さんが日常でできるコーピングを

100個』書き出しましょう!!」

 

すると大抵タレントさんは

「え〜100個!?」と拒否反応をして

何とか書き出すと「意外と書けるものですねぇ」

と感想を言います。

 

でも、私は思う訳ですよ。

 

100個リストアップする事がまずストレスだよ!」

100個も覚えてらんないわ」

 

......

 

 

私はせいぜい数個で十分だと思います。

 

そのうち3個を「その場」でできる事

そのうち3個を「移動して」できる事

という感じでリストアップしてみると良いですよ。

 

私も人間ですから

ムカついたりストレスを感じる事はあります。

 

そんな時の私のストレスコーピングは

 

①「温泉につかるパンダの映像」を見る

【温泉 パンダ】と検索すると反則レベルの動画がたくさん出て来ます↓

 

https://youtu.be/9vj1dOGIC7s

 

②「JTCMに出てる女優さんの画像をながめる」

リヴ・オドリスコールさんという方らしいのですが、嫌な事を忘れるレベルの美しさですよ。

 

https://matome.naver.jp/odai/2144859780636180101

 

③江ノ島に海と夕焼けを見に行く

 

という感じです。

 

ストレスコーピングは、風邪を引くときの葛根湯みたいなもので

「このままだとヤバそう!」という時に

早目に活用すると良いですよ。

そのために、あらかじめリストアップしておく訳です。

 

自分に、上手に逃げ道を用意してあげて下さいね。

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

昨日、日帰りで仙台に親戚の結婚式に行ってきました。

数年ぶりに従兄弟に会ったら、二人子供が出来ていて()

一年間の育休中とのこと。

女性だけでなく、男性も育休が取りやすい世の中になると良いですね。

2017年

6月

10日

〜 No.164 織田信長の知られざるキャラ〜

皆様こんにちは。

 

前回の『誰かを嫌いになりそうになったら』の記事で

 

『「この人は、こんな人だ」

と一度イメージを持ってしまうと

それがその人を覆うベールになって

他の良い部分が見えなくなってしまう』

 

と書きました。

 

今回はこの延長で

日本史から「人のイメージ」について考えてみます。

 

 

主人公は『織田信長』。

 

 

皆さんは、信長にどんなイメージを持っていますか?

 

・父親の葬式に粗野な服装で登場し

焼香するかと思うと抹香をつかんで仏前に投げた!

 

・自分は病気と嘘をついて弟を呼び寄せ、そのまま刺し殺す!

 

・超優秀な明智光秀を折檻!

 

などなど、他にも「残酷だなぁ」と思うエピソードが

たくさんあります。

 

何たって、あだ名が

『第六天魔王』ですからね。

 

残虐。非道。直情径行。短気。俺様。

 

こんなイメージが浮かぶのではないでしょうか?

 

でも資料を読むと

違う信長像が浮かび上がってきます。

 

 

戦国一のメモ魔・太田牛一が書いた

『信長公記』を見てみましょう。

 

・天文23(1554)、村木城を朝8時〜夕方17時までかけて攻撃し、勝ったものの多くの死傷者が出ました。信長は本陣に帰ってから、部下の働きや負傷者・死者のことをあれこれ語って涙を流しました。

 

*泣くと言えば、最愛の側室・吉乃が病気で死んでしまった時もワンワン泣いたとか。

 

血も涙もなさそうな信長、実は涙もろいのかも。

 

 

・歌や踊りが好きな信長は、ある時愛知県の津島(現・津島市)盆踊りのようなイベントをしました。そして今度はそれに参加した近隣のお年寄りが信長のいる清洲に踊りの返礼にやって来ると、お年寄りを身近に呼び寄せて「似合ってるねぇ」「面白いねぇ」と気さくに会話をして、うちわであおいでやったり、「お茶でも飲んでよ」とお茶をすすめたりしました。

 

お年寄りはみんな感動して泣いたそうです。

 

フレンドリー信長です。

 

 

 

・朝倉義景と対峙していた時、兼松という部下が武者一騎を山中に追いかけ、首を取って信長に持って来ました。その時兼松は裸足で、足は血だらけ。信長はそれを見て「こういう時に役に立つ!」と言って、いつも腰にぶら下げていた足半(わらじ)をプレゼントしてあげました。

 

信長はパワハラ上司のイメージですが、何か優しいですね。

 

 

私が一番好きなのは、次のエピソード↓

 

・美濃と近江の国境にある道のほとりで、身体に障害のある乞食が雨にうたれていました。信長は京に往復する度この乞食を見てとても哀れに思い、「乞食は住む所を決めずにさすらうものだけれど、なぜこの者はいつもここにいるのか?」と町の人に尋ねます。すると「昔、山中の宿で常磐御前(義経の母)を殺しました。その報いで、殺した者の子孫は代々身体に障害を持って生まれ、あのように乞食をしています。私たちが『山中の猿』と呼んでいるのは、こいつの事です」と答えました。

 

そして後日、信長が急遽京に上ることになった時のこと。その多忙の中にあってあの乞食のことを思い出し、木綿二十反を自ら用意して、家来に持たせます。

 

山中で馬を止めると、町の者を全員呼び出し、皆戦々恐々としていると、持参した木綿二十反を町民に預け「この木綿の半分を費用に充てて近所に小屋を作り、この者を住まわせて、飢え死にしないように面倒を見てやりなさい」と言いつけました。さらに「近隣の村の者たちは、麦の収獲があったら麦を一度、秋の収穫後には米を一度、年に二度ずつ、負担にならない程度に少しずつこの者に与えてくれれば、信長はうれしく思う!」と言い添えたとのこと。

 

第六天魔王どころか、慈悲深いお坊さんのようです。

 

 

・安土城の内覧会(当時としては画期的な建築だったので、今でいうテーマパークみたいなノリだったのでしょう)は、一般市民も入場料を1万円くらい払うとお城の中に入れました。信長は自ら馬小屋の横に立って、入場料を受け取っていました。

 

最後にお茶目な信長。入場者はさぞびっくりした事でしょう。

 

どうでしょう?

多少盛っているかもしれませんが

違った信長像が見えてきますね。

 

他にも

将軍の足利義昭を操っていた、というのも少し事情が違います。

実はこの将軍がとんでもないバカ殿で

天下静謐のために

自ら憎まれ役を買って将軍を諌めたのです。

 

バカ殿はここでもキレて、信長包囲網をひいたのですが

最後は捉えられてしまいます。

 

家来が「将軍を殺しましょう!」

と声をそろえて言いますが

「命だけは助けて、俺と将軍とどちらが正しかったか、後の世の人の判断に委ねよう。怨みに恩で報いるのだ!」

と言って、秀吉を警護に付けて若江という場所まで送り届けています。

 

自分に刃向かった者は絶対に許さない!というイメージですが

実は完全に追いつめないのも信長です。

 

荒木村重、松永久秀など、それこそ恩を仇で返すような部下の謀反も、最初は必死に「言いたい事があるなら話を聞こう」というスタンスを通しています。

 

私だったら、手塩にかけた部下にそんな事されたら

そんな余裕を持てないと思いますが()

 

こんな感じで、信長一人を取っても

世間に流布するイメージとは

違った一面も見えてきますよ。

 

歴史は本当に面白いですね!

 

 

 

参考資料『信長公記』

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記:

 

古文書を速読できるという磯田道史先生に

本気で弟子入りしたいと思う今日この頃です。

先生の本は多分全部持ってます!

2017年

6月

03日

〜 No.163 誰かを嫌いになりそうになったら〜

皆様こんにちは。

 

 

今日は

「人の本質」を見ることの難しさを書こうと思います。

 

もう一年半ほど前ですが

「断片的なイメージで

 その人の本質にどれだけ盲目になっているか」

という記事を書きました。

 

http://www.el-aura.com/rion20151006/

 

カナダの治安の悪い地域で

警官が「おとり捜査」をした時のエピソードです。

 

身体が屈強な警察官が

車椅子に乗った老人に変装し、路上に放り出され

強盗などしてくる悪い奴を捕まえようとしたのですが

『結末は...?』

 

意外な事が起こるので

ぜひ上記リンクからご覧になって下さいね。

 

 

今回改めて「人の本質」について書く事にしたのは

私は相変わらず

「本質」ではなく「イメージ」で

その人を判断してしまっている、と

最近痛感したからです。

 

今回私が誤解していたのは

アリアナ・グランデ。

 

皆様もご存知の通り

522日に

彼女のコンサートがテロの標的となり

多くの犠牲者が出ましたよね。

 

事件後、彼女は一時米国に帰国しましたが

わずか4日後

SNSでメッセージを発表します。

 

そこで

64日に事件のあった会場に戻り

チャリティーコンサートを開く事が

彼女の気持ちと共に長文で記されていました。

 

私が特に心を動かされたのは

次の文でした。

 

We will not quit or operate in fear.

We won't let this divide us.

We won't let hate win.

 

(私たちは、恐怖に絶対道を譲らない。

 この事件は、私たちの絆を断ち切ることはできない。

 憎しみに勝たせはしない)

 

*私の意訳です。 

 

自分のコンサートで多くの死傷者が出て

尚且つ、ISからは犯行メッセージが出ている

 

このような状況で

これ程力強いメッセージを発信できる人は

この世に何人いるでしょうか。

 

普通の人ならば

「いかに逃げるか」「自分を守るか」しか

考えられないと思います。

 

でもアリアナは

テロと真っ向から勝負を挑んでいるのです。

 

彼女はまだ23才。

 

これが

世界を相手に戦って来た

アリアナの真の姿。

 

今まで、彼女のイメージは

 

「移動する時は歩きたくないから、スタッフにお姫様抱っこを要求」

 

とか

 

「売り物のドーナツに指を突っ込む」

 

というニュースが出回っていて

どちらかと言うと

余りいいイメージを持っていませんでした。

 

実際、米国では嫌いな有名人のランキングで

2位になった事もあります。

 

確かに

褒められた行動ばかりではないけれど

今まで私たちは

アリアナの持つ「勇気・行動力・愛」の部分に

十分な光を当てて来たのでしょうか。

 

「この人は、こんな人だ」

と一度イメージを持ってしまうと

それがその人を覆うベールになって

他の部分が見えなくなってしまいます。

 

そして

嫌いな人は、より大嫌いに

苦手な人は、より苦手になってしまうんです。

 

でも「大嫌い」になった原因を探っていくと

「ちょっとした断片」が

あなた自身のメガネによって

拡大された場合が多くあります。

 

誰かを嫌いになりそうだな、と感じたら

あなた自身が

あえてその人の嫌な部分だけに目を向けていないかどうか

一度振り返ってみて下さいね。

 

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

今回のチャリティーコンサートには

ジャスティン・ビーバーも参加するそうです。

彼もヤンチャな行動ばかり注目されますが

東日本大震災の直後

多くの海外アーティストが来日をキャンセルする中で

「何が何でも日本に行く」と

被災者(特に子供)を元気付けるために来日しています。

レディ・ガガより早い来日だったんですよ。

 

それ以来、多少ヤンチャなニュースが出ても

私の中では好青年で通っています ^ ^

2017年

5月

26日

No.162 トロフィーワイフは夫に幸せを運ぶのか

皆様こんにちは。

 

 

先週末は、遠くは関西地方や信州地方から

講座にお越し頂きまして

本当にありがとうございました。

私も、大変充実した時間を過ごす事ができました!

 

 

さて、今日のトピックは

*トロフィーワイフ』。

 

(*金と権力を持った男性が、そのステイタスを誇るために

結婚した若い美人の奥さんの事。

たまに昔から連れ添った奥さんは捨てられる)

 

なんでこのトピックを選んだかと言うと

先日トランプ大統領がイスラエルを訪問した時

トランプ大統領がつなごうと差し出した手を

メラニア夫人が拒否したという映像を見たから。

 

映像↓

https://jp.reuters.com/article/melania-idJPKBN18J0UE

 

記事が大げさに書いてるだけだろうと思ったら

めっちゃスナップきかせて、払いのけてました ^ ^;

サングラスの中の目は

きっと睨みをきかせているのでしょう。

 

事情があるにせよ

愛情がある人にこういう振る舞いはしませんね〜。

 

夫人、正直な人なんでしょう。

 

トランプ氏は、今までのニュースを見る限り

女性を自分を引き立てるお飾り位にしか思っておらず

それこそトロフィーワイフを取っ替え引っ替えしています。

 

それで需要と供給が合って結婚するのですから

他人がとやかく言う事ではないのですけど

問題はこの『幸せが長続きするのか』です。

 

土曜日に講座に来て下さった皆様

自分を同心円上の中央に置いた

『地位財・非地位財』のワーク

おうちでやってみましたか?

 

(忘れてた〜!という声が聞こえて来ますよ ^ ^)

 

【地位財】というのは

社会的地位・物・所得・名誉etc

「人と比べられるもの」で

個人の進化と生存競争に必要なもの。

 

いっぽう

 

【非地位財】というのは

自主性・環境・自由・愛・健康etc

「人が持っているか関係なく、喜びが得られるもの」で

個人の安心や安全な生活に必要なものでしたね。

 

するとここで

 

「トロフィーワイフ問題」が生じる訳です!

トロフィーワイフは、どちらに分類されるでしょう。

 

家族はもちろん【非地位財】ですが

トランプ氏にとって、女性は

成功した副賞としてついてくるトロフィーな訳です。

つまり、【地位財】として見ている可能性大。

 

私が超勝手に推測すると

8割くらい「妻」を地位財としてしか見ておらず

それが夫人にとってものすごいストレスになっているのでは?

と勘ぐってしまいます。

 

もうちょっと、講座の復習もしましょう。

 

幸せが長続きするのは

どちらでしたっけ?

 

はい。

 

圧倒的に、【非地位財】の方でしたね。

 

ところが

私たちは目の前のエサにつられて

【地位財】ばかり追い求めてしまうのでした。

 

という事で結論。

 

「男性がステイタスシンボルとして

外見最優先で選ぶトロフィーワイフ問題は

男女お互いにとって、不幸の始まりである」

 

だって、地位財として相手を見るほど

長続きしないんですから。

 

最近では、

イーロン・マスクがこの罠に落ちている気がします...

 

アンバー・ハードは超一級のトロフィーですが

ジョニデもお手上げだった女性ですからね ^ ^;

 

パートナーは

そりゃ外見の好みもあるでしょうが

やっぱり中身で選ばないとね!

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

先日、ディープパープルという紫陽花を買おうか迷っていると

こちらに書きました。

部屋せまくなるけど、やっぱり買おう!と思って

有楽町の花屋を再訪したところ、すでになくなっていました

なくなると思うと、余計欲しくなるこの心理()

チャンスは、来た時にちゃんとつかまないとダメですね。

2017年

5月

19日

〜 No.162 投資も人生も【損切り】が大切 〜

皆様こんにちは。

 

今日は『損切り』

というキーワードで書きますね。

 

投資をする方は、既にご存知ですよね。

(というか

これを知らずして投資をするのは危険極まりない)

 

この言葉を「初めて聞いた」という方。

『損切り』とはこういう事です。

 

株などが買値より下がった時

たとえ「損」が出ていても

「売却してそれ以上の損失を防ぐ」事。

 

短期投資で分かりやすいサンプルとして使われるのは

『買値より20%(10%)上がったら売却して利益確定』

『買値より10%(5%)下がったら売却して損切り』

というパターン。

 

全てこのパターンがいいとは言えませんが

こうすれば

最終的には10%(5%)の利益が手元に残りますよね。

確実に利益を得るために

損切り(ロスカット)のルールを自分に課すのが

大切になってきます。

 

また、売るタイミングを失って

下落し続けてもずーっと手元に置いておく株を

「塩漬け株」と言いますが

 

「塩漬け」にするよりは

損を確定させて現金化したお金で

他の上り調子の株を買った方が

効率的に資産が増やせますよね。

 

こういう事からも

「損切り」の概念はとても大切です。

 

投資は「感情」の上に「ルール」

を置かないといけないんです。

 

でも

これがほんっとうに難しい。

 

*なぜできないのかというのは

明日の講座でも詳しく説明するので

参加される方は、とりあえず

「損切り」と「塩漬け」という言葉だけ覚えておいて下さいね。

 

 

投資でも人生でも

自分の資産や心を蝕むようなモノ・人・他諸々は

とっとと損切りしないといけません。

 

しかも

 

損が少ないうち

傷が浅いうちに

見切りをつけて手放す決意が必要です。

 

・天井(高値という意味)で買ってしまった株

・付き合ったらとんでもないダメ男・ダメ女

 

こういうのは

「そのうちまた上がるんじゃないか」

「そのうち浮気やめるんじゃないか」

なんてバカな期待を抱くのをやめて

とっとと自分から切り離すのが大切です。

 

 

投資も人生も

自分の行動の指針となる「ルール」

をしっかりと持つこと。

 

 

皆さんは

感情に流されて生きていませんか?

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

先日、ディープパープルという紫陽花を花屋で見つけました。

欲しいなぁと思いつつ、鉢が結構大きいので

狭いリビングに置いてどんなものか、今思案中です。

来月は鎌倉の明月院に紫陽花を見に行きたいです ^ ^

2017年

5月

12日

〜 No.161 運を良くしたいなら【2割増】で行け〜

皆様こんにちは。

 

今日は、小難しくない自己啓発系的なことを書きます。

 

【運】について。

 

皆さんは、ゲン担ぎとかそういう不思議系をナシにして

どうやったら【運】が良くなると思いますか?

 

私はこう考えますよ。

 

『相手の期待を2割越えるクオリティを常に提供する』

 

ビジネスなら...

 

打ち合わせの席で

先方が欲しいと思っている事を推察し

頼まれる前に準備しておく。

 

お友達同士なら...

 

金額的に高価なものであるかは関係なく

「え!?このタイミングでプレゼントしてくれるの!?」

というような嬉しいサプライズを用意する。

 

弱った時に

彼・彼女の心をあっためられるような言葉や行動を起こす。

 

人は悲しいかな

相手に「期待」する動物です。

 

そこで、期待している60%80%しか返ってこないと

これまた身勝手ですが

「この人、使えない」

「もう頼みたくない」

「この人、冷たい!」

というレッテルを貼りがちになってしまいます。

 

こういう時

逆に相手の期待を上回るようなものを

こちらが提供できれば

お互いにハッピーになれるのです。

 

【返報性の法則】

を聞いたことがあるでしょう?

 

人は無意識に

やって頂いたらお返ししたくなるんです。

 

(注:あざとくやれという意味ではないですよ!)

 

相手の利益や相手の幸せを願う自分の言動が

自分自身に運を呼び込むという事です。

 

自分からは何も提供せず

人のものばっかり欲しがったり

もらう事ばっかり考えている人に

運なんて寄って来る訳がないのです。

 

私が仕事で大切にしている事3つは

 

①余白を持つこと

②利他的であること

③リスクをとること

 

ですが、この②は

遠回しに運をよくする事に寄与していると思います。

 

皆さんも、ぜひ2割増行動

意識してみて下さいね!

 

きっと自分にも返ってきますよ ^ ^

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

Amazonプライムミュージックに『早朝から脳を活性化するR&B

というプレイリストがあります。

90年代後半の良質R&Bがまとまっているんですよ〜。

当時は高校生で、こんなんばっかり聴いてました!

今聴いても古くないですね。

むしろ、今のビルボードはひどい曲が多い気が

0 コメント

2017年

5月

07日

〜 No.159人生を変えたい時、必ずクリアにすべき1点〜

皆様こんにちは。

GWも今日で終わりですね。

 

今日は「お金と幸せ」について

身近な所からお話したいと思います。

 

そこで、休みだった方も働いていた方も

この1週間で使ったお金のうち

どれが一番自分にとって「幸せ」に寄与したか

少し考えて欲しいんです。

 

お買い物した方もいたでしょうし

旅行に行った方もいるでしょう。

 

その中で、一番ご自身の

「素敵な思い出」になった

お金の使い方は、どんなものでしたか?

 

我が家の最高の使い方は

「スティックばさみ」でした。

 

これには、ちょっとストーリーがあります。

 

連休初日

近くのホールで宇宙のイベントがありました。

 

そこで整理券をもらうために

私と娘は開場の1時間前にホールに着き

その後時間が余ったので、私は図書館。

娘はお小遣いを持って、文房具を買いに行きました。

 

集合時間になると

図書館に娘が息を切らしてやって来ました。

 

「何か、かわいい文房具買えた?」

と聞くと

「ママにプレゼントを買ったよ」

と言うので

「冗談でしょ〜!?」

と聞くと、本当に買ってくれていたのです。

 

それがこの「スティックばさみ」

 

なんでスティックばさみかと言うと

以前私が買おうとしたのですが

その時は、まぁいいや、と買わなかったんです。

それを覚えていたんですね。

 

お値段、648(税込み)です。

 

娘のお小遣いはひと月1000円ですから

月給20万の人に取ったら13万円くらいの買い物です!

 

これがあれば「ちゃお」だって買えるし

好きな文房具も買えます。

 

娘の心遣いが嬉しくて

娘も私の喜んだ顔を見たのが嬉しくて

我が家は

600円で、最高に幸せになりました。

 

「お金×心理学」の講座でも

最初の部分でしっかりと勉強しますが

「お金」と「幸せ」は相関性どころか

逆相関性もあります。

 

お金を追い求める前に

ぜひ、この部分をしっかりとご理解下さいね ^ ^

 

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

GWは私の仕事も根詰まっていたので

どこにも行きませんでしたが

一昨日、由比ケ浜に「夜光虫」を見に行きました。

プランクトンの発生が関係していて

夜の海が明るい水色&藍色に光るのです!

綺麗でびっくりしました。

 

お遊びで、ツンデレメンター・ランディが

好き勝手につぶやいているツイッター作ってみたのですが

そこに写真載せてみました ↓

 

https://twitter.com/Randy__Mari

0 コメント

2017年

4月

28日

No.159人生を変えたい時、必ずクリアにすべき1点

皆様こんにちは。

 

今日は、金融にも少し関係しますが

「リスク」についてちょっと考えてみたいと思います。

 

やりたい事を見つめ、あとは動き出すだけなのに

思わず足がすくむ事って、ありませんか?

恐怖や不安の鎖につながれて、前に進めなくなったら

ご自身に、この1つの質問をしてみて下さい。

 

「自分の【リスク許容度】はどこか」

 

まず、誤解しがちなポイントをお話します。

 

『リスク』とは【危ない事】ではありません。

『リスク』というのは【変動幅】です。

 

変化のない「0」の位置から

「プラス」と「マイナス」に動く

【振れ幅】を【リスク】と言います。

 

だから、人生における『リスク管理』は

危ない事・失敗を避ける、という意味ではなく

『人生で、どれ位の変化を許容できるか』

把握し、対策をするという事です。

 

第一、失敗する確率を0になんて

できませんよね。

 

何か新しい事にチャレンジする時は

たくさんのお金もかかるし

今までの人間関係を

全て清算しなければならない場合もあるでしょう。

 

そんな時は

「自分が耐えられる、マイナスのリスク上限はどこか」

はっきりさせて下さい。

 

例えば

年収が半分になる事に、何年耐えられるのか

一人で子供を育てられるのか… etc…

具体的な数字と一緒に、はじき出しましょう。

 

それに耐えられるなら、すぐ実行に移します。

耐えられないなら、もう一度プランの練り直しです。

 

私の経験で言えば

数字(お金)のマイナスリスクが許容範囲なら

動いても大丈夫かと。

 

なぜなら、人間は良くも悪くも「慣れる」ので

感情の課題は

捉え方次第で解決できる場合が多いからです。

 

私は、「人生の本質は変化すること」

だと思っています。

 

マイナスのリスクを取ろうとしない人は

プラスのリスクも取りに行けません。

 

自分がどれだけ変化を受け入れられるか

正確に捉えられないと

本当は、もっとリスクを取れるのに

むやみやたらに怖がって、動けなくなります。

 

「リスクを取らないリスク」に

気付いていますか?

 

NO RISK NO RETURN

(リスクを取らなければ、リターンも得られない)

は、私の好きな言葉です。

 

最近は

NO PAIN NO GAIN

(痛みがなければ、得られるものもない)

も、自分に言い聞かせている言葉ですよ。

 

本当は取れるリスクを取らずに

あなたは損していませんか?

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

フランスの大統領選、マクロン氏が残って一安心。

それにしても、なんで日本はこのニュースの扱いが

こんなに小さいのでしょうか

当日夕方のニュース、グルメ紹介してる場合じゃないよ!

と思ったのですが、美味しそうなお店の方が視聴率取れますかね。

 

5/20のセミナーにいらっしゃる方は

引き続き、フランスの選挙を注意深く追って下さいね!

 

0 コメント

2017年

4月

21日

〜 No.158 決断する時、これだけは押さえてほしい3点〜

皆様こんにちは。

 

今日は、OLさんの読み物『シティリビング(都内版)』に

私のインタビューを掲載頂いたので

こちらでも、その内容の一部をちょっとまとめますね。

 

テーマは

「タラレバ思考を卒業して変化を起こす」コツです。

 

■□■□■□■□■□

 

 

「転職するか・しないか」「結婚 (離婚) するか」

人生の大きな決断は、すごく怖いですよね。

 

行きたい道は分かっているのに、一歩踏み出せない

そんな時は、次の3点を考えてみて下さい。

 

①「せっかく〜したのに」思考を捨てる!

 

過去にかけた費用や労力にとらわれてしまうと

合理的判断ができません。

 

もったいないという考えが浮かんだら

「これをタダでもらっても、キープするか」

考えてみて下さい。

 

 

②手元にあるモノの価値を、高く見積もり過ぎない!

 

自分が既に持っている人・モノの価値などは

実際より約2倍、価値感じてしまいます。

 

今手元にある(A)を持つことは

他の選択肢(B)を持つことと比べて

どれ程強く望んでいるか考えてみて下さいね。

 

③「もし〜だったら」とABの損得を比べ過ぎない!

 

「そのお金&時間で他にできたこと」

を考えすぎると、決断できません。

 

まずは優先順位を決め

捨てるべきものを見極めましょう。

 

この3ポイント。専門用語で

①「サンクコスト」②「保有効果」

③「機会費用」といいます。

 

この3つにとらわれてしまうと

人生で右に行くべき所を

左に行ってしまうのです。

 

他にももうちょっとコツがあるのですが

差し当たりこの3つの罠に陥っていないか

考えるだけでも大分違うと思いますよ。

 

それでは皆様、良い週末を。

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

昨日、「本+綺麗な景色」を撮りにみなとみらい行ったのですが

結局「木+青空」の写真になりました

 

どんな写真か、FBページにあるので見てみて下さい ^ ^;

https://www.facebook.com/hiragi.rion/

 

もし気に入って頂けたら、シェア大歓迎です。

 

写真撮影(左手に本&右手に一眼)も、

広告出稿(何回かやり直した…)も、慣れてないと大変ですね!

 

0 コメント

2017年

4月

16日

〜 No.157 たまに弱るのも、悪くない〜


皆様こんにちは。

 

新しい生活が始まった方もいると思います。

もう慣れましたか?

 

私はですね

新刊で無双のメンター・ランディを描いておきながら

この所、もうメッタメタに弱っていたんです。

 

三年ぶりくらいに()

 

ビジネス小説を書くのは

理論に物語を乗せればいいので

自分が出来ようが、出来まいが書けてしまうんですよ。

あたかも「自分できます!」と、偉そうにね。

 

でもリアルな生活となると

感情を扱うのは本当に難しいですね。

 

とにかく苦しかったんです。

この何日か(私が言うな、という感じですが…)

 

どれ位苦しいかというと

25m自由形を息継ぎしないで泳げ!」

と言われて

両手両足をバタバタさせながら

20m地点位を泳いでいる感じです。

 

で、落ちて落ちて、どうしましょうという時に

色々な人が引っ張り上げてくれたんですよ。

 

無理に道を作ってくれるというんじゃなくて

疲れた? 荷物ちょっと持とうか?

的な優しさです。

 

ここ三年くらい、何の悩みも困難もなくて

毎日が平和そのものだったんです。

(私が鈍感なだけかもしれませんが…)

 

そういう時間ってラクなんですけど

光を感じる力が弱くなって

だんだん自分の筋力も弱くなっていく。

 

私、色々な事が見えなくなっていたんですよね。

 

人の優しさがこんなにも有り難いのだということ。

ぬるま湯につかって

いつのまにか進む事をやめてしまっていたこと。

 

弱って、落ちて、悩んで、決めました。

今回は、私が足をつけばそこで一気にゲームオーバーなんですが

私はこの勝負、絶対勝ちに行くと。

 

途中で何度も膝を折るかもしれないけど

前に進むのを、あきらめない事にしました。

 

同時に、「いつやめるか」も決めています。

やめるのは

「あと一秒息しなかったら、窒息するよ」

という時。

 

死んだら意味ないから。

 

そこまで頑張ったなら、負けても許せる。

 

でも、小説で主人公をあんな風に描いておきながら

私が前に進むのをやめるなんて、読者様に顔向けできません。

 

だから、とことん自分を追い込もうと思います。

 

そう思えたのは何でかというと

一度、弱くなったからなんですよね。

 

だから、読者様の中で

今どうしようもなく弱ってしまってる人がいたら

 

それが跳躍のために膝を折る時期なんだと思って

もうちょっとだけ、頑張ってみて下さい。

 

私も、頑張りますので!

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

私が弱っていた時

著者仲間のお友達・佐藤友美さんの新刊

「道を継ぐ」を読んだんです。

ボロボロ泣きました。

もうダメだ!と思った時に読むと、元気が湧いてきますよ。

言葉の力って、すごいですね。

 

http://amzn.to/2orbs9T

0 コメント

2017年

4月

08日

〜 No.156スピリチュアル難民から抜け出すには〜

皆様こんにちは。

桜もやっと満開になりました。いかがお過ごしですか?

 

今回書いた行動経済学のエンタメ小説。

一つ懸念している事がありました。

 

それは、主人公を引っ張り上げるメンターが

思いっきりスピリチュアルをぶった斬っているからです。

 

スピ好きの方がこれを読んだら

この本が大嫌いになるでは!と思っていました。

 

本のソデ(表紙裏)にも、こう書いてあるんです。

 

「君をコントロールするのは宇宙でも神でもない。

 君自身だよ。

 スピリチュアルを信じる10倍自分を信じろ!」

 

このツンデレコーチは、他にも言いたい放題。

 

ところがです!

蓋を開けてみると、熱烈な感想を寄せて下さるのは

スピ系が大好きな方達。

 

下記、ご本人の許可を頂いた物をご紹介します↓

 

  スピリチュアル系のワークショップ等に参加していた私ですが、この本を読み考えが変わりました。やみくもにそこへ足を運ぶのではなく、しっかり自分の今の気持ちに向き合いたいと思います。久々に本を読んで、赤ペン、蛍光ペンでラインを引いております。多くの気付きを得られる本を出して下さり、ありがとうございました。

 

☆本は買ったその日の夜に読み終わりました。途中から涙が止まりませんでした。ずっと自分はダメ人間だと思って生きてきました。でも、不安や恐怖って自分が作り出したまぼろしで、それに囚われているのも自分でした。この本を読んで、清々しい気持ちになり新たな自分と向き合えそうです。自分の中に落とし込むために、何度も何度も読みますね!!ワークシートもじっくりやります!!

 

スピを信じるのはその方の自由だし

不思議な物は楽しいのですが

スピって答えを外へ外へ求めて行くイメージがあります。

 

遠くの宇宙から引っ張って来るイメージ?

 

でも、そうじゃなくて

自分の足下を見れば

自分で解決できる事ってたくさんあると思うんです。

 

この本はその部分を徹底的に解説していますから

「人生のコントロール感」を感じて頂けたのではないかと。

 

もしメルマガの読者様で、あちこちのスピに首を突っ込んでは

また振り出しに戻ってしまう方がいたら

「神様」とか「宇宙」の遠くに意識を飛ばすのを一旦やめて

「自分の思考」の力を信じてみてはいかがでしょうか。

 

「強さ」は外部から与えられるものではなく

何回も打たれて、もうダメになりそうになりながら

自分自身で勝ち取っていくものだと思います。

 

さて、友人がいいレビューを書いてくれるのは当たり前ですので

全く赤の他人の方のレビューもご紹介しましょう。

(先の二つのレビューも、全く存じ上げない方が送って下さったのですが)

 

男性は、行動経済学の入門書としてお求めになる方が多いようです↓

 

☆小説テイストということもあり読みやすい、行動経済学入門書。 経済学をほとんど学んだことがない人間でも読みやすく、専門用語の索引が文末についてるのもGood!! ただ、小説としては読みやすい反面ストーリーは綺麗すぎるかなぁー。 主人公がピアニストなので音楽好きにも楽しめそうな1冊。

そんな中、私がコーヒーを吹き出しそうになったレビューはこちら

 

☆もともと私は心理学関係が好きなので、楽しく読めました。物事の捉え方に関する話が多かったので、現状に煮詰まっている方はヒントにできるかもしれません。

 

また、小説として見ると、無難に面白かったです。もちろん100%娯楽の小説と比べるのは無理がありますが、この手の本にありがちな「小説の振りをした、ただの説明」なんてことはなく、きちんと小説として成立していました。

 

個人的な笑いどころは師匠役のイケメンメガネです。こいつがギャップ萌え要素を含んだツンデレやろーでした。

 

言動を見るかぎり、こいつは主人公のおねーちゃんを口説こうとしているようにしか見えません。「へー、師匠が弟子をナンパするなんて斬新!」と

変なところで感動しました……

 

↑こういうレビューも大好きです。ありがとうございます!

 

本を書くというのはやりがいがある反面

書く途中も書いてからも苦労の連続です。

 

皆様からのレビューを頂けるのが

何よりの励みになります。

 

本当に、本当に

どうもありがとうございます!!

 

オフィシャルサイトでは音楽も楽しめます。

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/seikounokeizaigaku

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

前回書きました「書店回り」ですね。

先週半ばから、CSPPIというプロテインを飲みながら回ってます。

たくさん歩くし、かなり疲れるんです。

プロテインを規定の量の二倍飲んで乗り切ろうと思います。

早く、星野源とかムロツヨシレベルになりたいです。

 

0 コメント

2017年

4月

02日

〜 No.155 運を自分で弾いてしまう人の特徴〜

皆様こんにちは。

 

今回は、前回のメルマガで予告したように

「タラレバ思考の人の特徴」に続く

「過去のタラレバを捨てる方法」について

書こうと思ったんですが.....

 

この三日程、猛烈に気付いた事があったので

そっちを書く事にします。

 

=================

 

私、「運を弾いてしまう人」の特徴を

身を以て体験してしまったのです!

 

=================

 

(Good Luckの方)を掴むには

大まかに2種類あります。

 

①自分から掴みに行くケースと

②自分は特に意識しなくても、誰かが運んできてくれるケース。

 

今回お話するのは、②の運・誰かが運を運んでくれようとするのに

ことごとく「自分で」弾きまくってしまう人の特徴。

 

結論から言うと、私が考えるそういう人の特徴は3つあります。

 

1つ目は、相手と目を合わせて話さない人。

2つ目は、感謝をしない人。

3つ目は、自分の利益中心な人。

 

私ですね、3/29に新刊が出たので

書店さんにご挨拶に伺っているんですよ。

 

多くの著者が行う「書店回り」と呼ばれるものです。

 

行けばチヤホヤされるイメージがあるかもしれませんが

大抵真逆です ^ ^;

 

なぜかと言うと、書店員さんはとても忙しいから!

 

例えて言うなら

資料やPOP(本の紹介カードみたいな物)持参で来る著者は

夕食作りで手が離せない時に

荷物を運んで来る宅急便屋みたいな存在だからです。

 

「あ〜!荷物欲しいけど、今手が離せないわ!手短にお願い!」

みたいな。

 

著者も、開店直後、お昼、夕方以降などの

忙しい時間帯は避けて伺うのですが

それでも書店員さんは忙しそう!

 

なので、様子を見つつ結構ドキドキしながら

お声掛けする訳です。

 

「先日新著を出した著者なのですが、POPを持ってきました」

という感じで。

 

そして、注文用紙とPOPを入れたクリアファイルをお渡しします

すると、反応が二つに別れるんですね。

 

1つは、ひとまず作業の手を止めて私と目を合わせ

「わざわざありがとうございます!POP助かります!」

と言って下さる書店員さん。

 

2つは、立ち止まるのも面倒くさそうで目も合わさず

「あ、ハイ」

という感じでファイルを受け取る書店員さん。

(まぁ、仕方ないですよね)

 

忙しい業務を中断させているのですから

私はどんな態度を取られても

こっちこそスミマセン、と思う訳です。

 

今までの本なら、ここで終わりでした。

 

が、今回は

イラストレーターの方が主人公を可愛く描いて下さったので

キットカットの「チョコラボ」というのを使い

オリジナルのキットカットを作ったんです。

 

https://www.chocollabo.com/

 

で、それを書店員さんにも

「お仕事で疲れた時にでも、召し上がって下さい」

と最後にお渡ししているんです。

 

①のニコニコして私の話を聞いて下さる書店員さんには

もちろんお渡ししますよね。

するとまた軽く盛り上がって、お互い更に楽しくなるんです。

 

ところが、②の場合。

 

目はこっち見てないし

キットカットを袋から取り出す数秒も「拘束されたくないオーラ」

全開な訳ですよ。

 

だから私も「ここは早く退散しなければ!」と焦るので

キットカットをお渡し損ねるんです。

(悪気はないのですが、、、)

 

ここで、これがキットカットならまだいいんです。

お店に行けば、普通に買えますし。

 

でも、もし色んな人に対する対応が一時が万事こんな感じだったら

弾くのがキットカットじゃなくて

「大きな仕事」とか「素晴らしいご縁」

だったりする訳ですよ!!

 

チャンスの半分って、人が運んで来てくれます。

でも運ぶ方だって人間ですから

「この人に運んでも大丈夫だろうか?」

って考えるんですよ。

 

しかも、チャンスなんて予想外の方向から飛んできますから

自分が邪魔だと思って振り払った手で

とんでもない幸運も振り払ってしまう可能性もあるんです。

 

私、今までは心理学や脳科学の理論上「運のいい人と悪い人」

の特徴は理解していたんです。

 

でも、今回キットカットを配っているばっかりに

その差を歴然と体感しています。

 

だから、誰かから運を運んで来てほしかったら

こんな感じにすればいいと思うんです。

 

①話す時は、相手を見て

②相手がしてくれている事に感謝し

③相手の利益を考えて行動する

 

これだけで、外からの運を受け取れる確率は

すごく高くなります。

 

たかがキットカット。されどキットカット。

ここまで如実に体感するとは思っていませんでした。

 

もし自分が、過去のどこかで

②のような態度を取っていたかも!?と思うと

それこそ恐ろしいです!

 

皆さんも、気を付けてくださいね!

 

 

□■──────────────────────────□■

 

編集後記

 

今回の本は、行動経済学の「意思決定」がテーマです。

でももう一つ裏テーマがあります。

 

それは「家族」。

 

お読み頂いた方はお気づきかと思います。

主人公とその母親が直面する試練や会話が

妙にリアルだな、と。

 

実はこれ、私と今は天国にいる母親が

実際にやりとりしていた会話から抜き取ったものが

たくさん含まれているのです。

 

なぜ覚えているかというと、母は母で

私は私で日記やらメモやら残していたからなんですね。

今回は、それを引っぱり出して来て書きました。

 

感情の乱れをそのまま表した当時の筆跡を見るのは

とても切なくなると同時に

時間は癒えないと思っていた傷も癒してくれるのかな、

と思いました。

 

0 コメント

2017年

3月

24日

〜 No.154 【タラレバ思考】の人の特徴〜

皆様こんにちは。

 

吉高由里子さん主演の『東京タラレバ娘』

終わっちゃいましたね。

 

「原作とちょっと違う」という意見もあったようですが

テンポもいいし、私は毎回楽しく拝見しておりました

 

さて、私は仕事柄、立場的にはKEY君ですね。

だから、「ほんと、何いつまでタラレバ言ってるんだよ!」

と、たまに突っ込んでいましたが ^ ^;

 

そりゃ、確かに誰でも愚痴りたい時はありますけれど

ずーっとそれに囚われている人とは、正直付き合いたくないですよね。

それに第一、自分が苦しくなります。

 

そこで、今回と次回に分けて

この「タラレバ思考の特徴と解決法」をご紹介したいと思います。

 

まずは、タラレバ思考の特徴を見てみましょう。

 

 

特徴①

意識が「今」にない!

 

「タラレバ」というのは、基本的に過去を後悔する言葉ですが

その延長線上に、自分が選べなかった

架空の未来も勝手に想像しています。

 

つまり現実じゃなく、存在しなかった過去を思い

永遠にやってこない未来に意識を吹っ飛ばしているのです。

 

意識が「今」にない事を

「マインドワンダリング」と言います。

 

タラレバ思考は、「そもそも存在し得ない過去と未来」

に囚われている訳ですから、尚更厄介です。

 

皆さんは、一日にどれ位

過去や未来の事を考えていると思いますか?

 

私たちが「目の前のことを考えていない状態」は

実に日常生活の時間の43%にもなります。

 

「あ〜!あの時ああしていれば!」

「あの時あんな事さえしなかったら!」

という思考の人は、この割合がもっと高いのです。

 

意識が今にないグラついた状態だと

怒りや不安、焦りといった

ネガティブな感情も涌き上がってきやすくなります。

 

更に、その感情のレンズを通して見る現実世界は

客観的な事実から離れて、どんどん歪むのです。

 

そして、その延長線上で決断を使用と思っても

自分にとって合理的な選択はできなくなります。

 

(私たちは、事実をしっかり見ているつもりで

「現実に対する自分の解釈」を見ているんですよ)

 

このタイプの方は、マインドフルネスの実践が有効です。

 

 

特徴②

「捨てるべきもの」が分かっていない!

 

あっちもこっちも、手を出したがる人っていますよね。

金も異性も美しさも〜! 的な。

 

全部欲しがると、優先順位が分からなくなります。

 

決断する時は、「何を捨てるか」

自分の中ではっきりさせておかないと

いつまでも決められないんです。

 

そして、決めても「あぁあっちにすれば良かった」

とウダウダ考えてしまいます。

 

そんな方は、私も新年に毎回お伝えしていますが

その年の「テーマ」を決めると

捨てるべきものがはっきりしますよ。

 

 

特徴③

結婚や富などに、独りよがりな良いイメージばかり持っている

 

私がドラマを見ていて一番腑に落ちなかったのは

 

「何でこの子達は

 『東京オリンピックまでに結婚さえすれば幸せになれる♡」

 と思い込んでるの??」

 

という事でした。

 

結婚を夢見る方達には申し訳ないですけど

日本では年に22万組も離婚しています。

 

20代半ばの人が50才までに離婚を経験する割合は

実に35%

 

しかも、一番離婚率が高いのは30代前半。

 

これに潜在的な仮面夫婦とかの数を比べれば

恐ろしい値になります。

 

「結婚して幸せになる人もいれば

不幸になる人もいる」

 

これが「事実」なんです。

 

別に、未婚で仕事に命かけたって

それは立派な一つの幸せの形なんですよ。

 

そもそも、「結婚さえすれば孤独じゃなくなる」

と思っている人は

「二人でいる孤独」に耐えられないでしょう。

 

お金については

このメルマガでもたまに書いていますよね。

 

人間は「慣れる」動物ですから

憧れる生活が現実になった途端

そこに幸せは感じなくなります。

 

それに「子供」にしたって

「子供のいない夫婦の方が、いる夫婦より幸せ度が高い」

なんて、びっくりするような調査結果もあるんですよ。

 

タラレバ思考が強い方は

隣の芝生がいつも青く見えがちで

自分に空想や都合の良い情報だけ拡大視してしまう人。

だから

客観的なデータを集めるクセを付けると良いですね。

 

では、次回は「心のバイアス」を軸に

過去・現在・未来の

タラレバ思考を解決する方法をご紹介しましょう。

0 コメント

2017年

3月

18日

〜 No.153 音楽が脳と体に与える影響〜

皆さんは、音楽を聴いて

その美しさに思わず泣いた事はありませんか?

 

泣いた事はなくても、音楽を聴きながら

無意識にリズムを刻んでいたことは

誰にでもあると思います。

 

実は、音楽には私たちが想像する以上に

すごい力が秘められているのです。

 

今日は、その効能をご紹介したいと思います。

 

音楽の効能は、1990年代からメディアで宣伝された

「モーツァルトを胎児や子供に聴かせると頭が良くなる」

というのが有名でしょうか。

 

でも、ちょっとこれは間違っています。

実際この実験は大学生を対象に行っていて

110分モーツァルトを聴かせると、空間推論テストの

IQスコアが上がったというものです。

(ただし、この効果は10分程度しか続かないのだとか)

 

とは言え

モーツァルトの楽曲に素晴らしい効果があるのは事実です。

 

耳鼻咽喉科の医師で音楽療法も研究していた

アルフレッド・トマティスという人がいます。

彼は当初ビバルディ・パガニーニ・ハイドンらの曲も使っていましたが

結局最後に残ったのはモーツァルトの曲でした。

 

モーツァルトの曲は神経系の経路を整え

脳に刺激を与えてその配線を促し

言語の習得に必要なリズム・流れ・動きを付与します。

 

特にバイオリンは高周波数帯域の音に富んでいるので

誰にでも効き目があり

活力を充填し、リラックス効果も得られます。

 

音楽は脳の「報酬中枢」に働きかけ

それによってドーパミン(快楽物質)の生産が増えて

快感情やモチベーションの向上にもつながります。

つまり、曲を聴くと明るい気分になれるのです。

 

気分的な問題だけでなく、身体的にも良い影響があります。

 

脳が音楽による刺激を受けると

ニューロン(神経細胞)はそれと同期しながら発火する事が

脳の画像研究によって明らかになっています。

 

これを「引き込み現象」と呼びます。

 

最初バラバラの動きをしていた二つの振り子の振動が

やがて同期したり

1つの音叉(おんさ・叩くと音が出る器具)を、

もう1つの音叉の近くで叩くと、お互いが接触していなくとも

もう1つの音叉も振動して音が出る、という現象もコレです。

 

ジャズミュージシャン同士がセッションすると

それぞれの脳波が引き込まれて行きます。

すると、あの素晴らしいグルーブ感(ノリノリ感)

が生み出されるのです。

 

いわば

「脳内を支配するニューロンの発火速度が同期し始める」

状態になります。

 

脳障害の多くは、脳がリズムを失い「リズム障害的」な状態で

発火するために起こるとされていて

音楽療法やサウンドセラピーは

こういった症状に効果を発揮するのです。

 

ちょっと専門的な解説を付け加えると

音は脳の上の部分(高次認知機能を司る部分)だけでなく

「脳幹」という人の生命を維持する部分にも刺激を与えます。

 

音楽療法は、重度の外傷性脳損傷回復を早めたり

ADHDの子が抱える注意力の改善にも

役立つという研究結果が出ています。

 

ここで、音楽療法を使って

劇的な治療効果を上げた有名人を紹介しましょう。

 

グラミー賞にもノミネートされた