Rion Hiragi/Resercher/Storyteller

嫌われる位で、ちょうどいい

今回は、国内外で最も非難を浴びた日本人女性の1人
オノ・ヨーコ女史をご紹介します。

言わずと知れたジョン・レノンの奥様で
海外からは
「東洋の女が、ジョンをたぶらかしてビートルズを解散させた」
と解散の原因にされ

日本では
彼女が被写体となっていて、その服をハサミで切り刻ませるというアートを発表した時など、その作品に対しても酷いバッシングを受けました。

出て行く所出て行く所でバッシングされても
積極的に発信し続ける強さは、どこにあるのでしょうか。

雑誌で女優の杏さんとの対談で語っていらっしゃいました。

「嫌われるくらいで、ちょうどいい」

ほとんどの人は、皆から好かれる事を望んでいます。
なので影で悪口を言われたり、
根拠のない噂が一人歩きすると途端に不安を覚えます。


ところが彼女の場合、嫌われている状況というのが
イーブンなラインになっている訳
です。

おそらく最初からここまでタフではなかったと思います。
色んな事を言われ、立ち上がって
この強さを手に入れたのでしょう。

ギリシャの哲学者エピクテトスは

「私たちをかき乱すのは物事そのものでなく
物事に対する私たちの見方である」

と説いています。

もし誰かに嫌われたとしても
それは1つの事象であって、
それをどう捉えるかは私たちの自由なのですね。