Rion Hiragi/Resercher/Storyteller

〜 No.145 その『怒り』は『笑いのネタ』になりませんか? 〜

皆さまこんにちは。

 

今回は、個人セッションのひとコマからお届けします。

クライアントA様のエピソードです。

 

(普段はセッション内容を書いたりしませんが

今回A様には掲載の旨、ご了承頂いております)

 

A様は笑顔が素敵でとても可愛らしい女性。

子育てとお仕事を一生懸命頑張っています。

 

セッションでは主に「怒り」「不安」「自尊心のなさ」

を克服したいということで

その一貫として『アンガーログ』もご提出頂いています。

 

*『アンガーログ(怒りの日記』は、自分がムカついたことを

出来事などとともに110の点数をつけて記録することです。

 

 

すると今回、一番高い点数がついたのは

こんな出来事でした。

 

------------------------------------------

 

『加湿器から水がこぼれていて

側にあったお気に入りのセーターが濡れてしまった。

頭に来て主人に怒ったら主人もキレて

何を思ったのかそのセーターを破こうとした!

当然破けなかったけど、伸びて着られなくなった』

 

6点

 

-------------------------------------------

 

これを拝見した時

笑いそうになってしまったんですよ(^_^;)

 

なんでセーター破くのよって、、、

 

で、結局二人で笑ってしまいました(^^;)

 

こんな感じで

 

『怒り』って、ハタから見ると『コント調』

になってるケースがものすごく多いんです!

 

「なんでそうなるかな!?」

的なことですよ。

 

クライアント様の話だけだと申し訳ないので

私の話もしますね。

 

今から8年程前です。

当時は70代の父と娘と一緒に住んでいました。

 

ある日

父の友人達が大勢遊びに来てくれることになり

人数分のテーブルが足りないので

ケータリングを頼んだお店から

折りたたみ式のテーブルを借りようとしたんです。

 

ところが

痴呆の症状が出ていた父は

「何言ってるんだ!テーブルがないなら

そこに囲碁の台があるだろう!」

 

と、木製の囲碁台を指す訳です。

 

「その台に、襖(ふすま)を一枚外して乗せれば

立派なテーブルになるじゃないか!」

 

「あぁ〜!!??」

 

私はあり得ない父の提案にブチ切れたんですね。

 

あのさ、第一ガックンガックンして

食べ物置けないしっ!!

 

って感じで、、、。

 

当時の私は人生の底辺を歩いておりまして

赤ちゃんだった娘の育児と

パーキンソンだった父親の介護と

離婚裁判を一人で抱えていたんですよ。

 

毎日がいっぱいいっぱいな訳です。

 

そこに父の『囲護台+襖=テーブル』

を強要されそうになったもんですから

いい加減にしろー!!

となったんですね。

 

でも、皆さんならこのシチュエーションに

怒りの点数何点付けますか?

 

何回か、この話を講演会で披露して

点数をアンケートしたことあるんですよ。

 

もしかしたら

私と同じ10点付ける人がいるんじゃないかと思って。

 

結果

 

みんな2〜3点。

 

、、、。

 

私のエピソードを披露すると

必ず皆さん失笑しますしね。

 

こんな風に

自分の怒りの原因って

人から見ると

コントレベルなことが結構あるんです。

 

だから今度ぶち切れそうになったら

『あと3日も経てば

これ笑いのネタになってんのかも』

と考えてみましょう。

 

PS:

 

個人セッション(女性限定)

不定期で受け付けています。

スケジュール等は臨機応変にご対応しています。

 

今回のエピソードで披露した私の暗黒時代はですね

誰にも頼れなくて、一人で本読んだり実践したりして

人生立て直すのにすごい時間と労力がかかったんです。

 

その時

「こんな中身を誰かが効率よく教えてくれたら良かったのに!」

という内容を、個人セッションではお伝えしています。

全部心理学・脳科学・行動経済学の理論ベースです。

私スピリチュアル系苦手なんで ^ ^;

 

ご興味のある方は、体験コースから始めてみて下さい。

 

https://goo.gl/M38UZ4

 

 

 

□■──────────────────────────□■

編集後記

 

先週、著者仲間でイラストレーターとしてご活躍の

柴崎マイさんの『スタイリングマップ講座』を受講しました。

自分の肌や瞳、体の線の特徴などから似合う色・服などが分かるのですが

私は「ブライト寄りのアクア」というカテゴリーらしいです。

 

とても勉強になるので、皆さんも機会があれば受けてみて下さい ^ ^

 

マイさんのブログに最新情報などが載ってます↓

 

http://ameblo.jp/kireinote/entry-12242186377.html?frm_src=thumb_module